スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.01.02 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

育児1歳11カ月3週5日目/子育てセミナーC回目:リビングで子育て、絵本で心育て〜親子の心と心のコミュニケーション〜

JUGEMテーマ:1歳児の育児
 
台風が過ぎ去ってからというのも。
急に秋めいてきましたね。
涼しくなったのと同時に、日没も早くなりました。

何だか「台風」が「夏」を迎えに来て、のんびりどっかへ行っちゃった〜って感じですね。

涼しくなったおかげで、ショウタの汗疹はスッとひいていきました。
それでもお尻の赤いブツブツが、まだ少し残っています。
うん。いい加減皮膚科へ行かなきゃなぁ…(ちょっとメンドクサイとか思っている人)
保湿剤も処方して貰って来なきゃだしね。

明日…明日の午後に行こうっ!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■託児室へは一番ノリ・・・

9時半頃に到着をしました。
誰か1人くらいはいるかな〜と思ったら、一番ノリでした。
「これから玩具を出すぞ〜」という状態でした。
既に何回もこの場所で遊んでいるせいか。
ショウタは玩具の場所をしっかりと記憶しています(笑)
そのため、「うんしょ…うんしょ」と言いながら、玩具を引っ張り出そうとしていました。
すると、既に顔見知りとなったスタッフさんが、ショウタにボールの入った袋を手渡してくれました。


スタッフさん「ショウちゃん。これをあそこのプールまで運んでくれる?」


その問いかけに大きく頷いて、引きずりながらも、「うんしょ、うんしょ」と言いながら運んで行きました。
その姿を見ながら。


スタッフさん「あら〜さすがにセミナーCともなると、お手伝いができるほどに成長するのね〜!最初の頃はえんえん泣いていて大変だったのにねぇ」


と、笑いながら言っていました。
ええ。
本当に(笑)
まだ「託児」に慣れていなかった頃。
託児室へ行く途中から察して泣いていました。
しかし今日は、「アンパンマン!」と言いながら和室へ駆けて行きました。
*いつもビデオorDVDでアンパンマンが流れているからです*

託児に慣れ。
お友達とも仲良く遊んでいるという事を聞くようになった最近は、私も安心して預けていました。
しかし。
そういった頃こそ、問題は発生するものなのかもしれません。




お友達の小指を噛みました。


お友達に頭突きしました。




スタッフさんから、かなり言いにくそうに報告を受けた時は、ショックでした。
私の見ていない時…“託児中に起こった出来事”という事もあり、スタッフさん側としては。
「きちんと見ていなくてスミマセンでした」と言われました。
それよりも何よりも気になったのは、相手側のお子さんとお母さんの様子です。
幸い…というのでしょうか。

「子ども同士だし、よくある事なので大丈夫ですよ」

というお返事でした。
心底ホッとしました。
それでも顔を見て謝罪したいと思ったのですが、「名前は?」と訊ねたら、少し遠回りに断られました。
「そういうものなのかな」と思ったので、私もあえてつっこんで聞く事はありませんでした。
でも。
帰宅したパパからは、「顔を見て謝罪した方がいいんじゃない?」と言われました。

うーん・・・・・。

スタッフさんとお話しをしている時、ショウタは眠いのと空腹でぐずりまくっていました。
なので、ついそれを理由に曖昧にしてしまいました。
次回の時に、「ごめんなさい」が言えたらいいなぁと思います。

ただ。
もし。
逆の立場だったら。

私も目くじらを立てて怒る事は、しないでしょう。
やっぱり、「子ども同士の事だから」と答えると思います。


嗚呼…でもやっぱり。




「ごめんなさいーーーーーっ!!!!!」




----------------------------------------------------------------------------------------------------

■子育てセミナーC回目・・・

私的には、「子供が興味を持つ(絵本の)読み方」を中心に聞きたかったです。
でも、そういった事はあまり触れずに、それでも勉強になる内容でした。
普段のセミナーはレジメがあるのですが、今日はありませんでした。
代わりに、「読書」や「絵本」等に関連する新聞の記事が掲載されたプリントが3枚配布されました。
どれもこれも興味のわく内容でした。


≪子の読書量 親に比例≫

小学二年生が一ヶ月の読む児童書や絵本の数は、親の読書量にほぼ比例することが、厚生労働省の調査で分かった。
厚生労働省は「母親、父親ともに読む量が多くなれば、子どもの冊数も多くなっている。
親の読書習慣が大きく影響している」と分析している。


≪生活情報の入手先 TV86% 新聞77% ネット30%≫

毎日の生活に必要な情報の入手先として主に活用されているのはテレビが最多の86%で、新聞が77%に続き、インターネットは30%であることが四日公表された文化庁の世論調査で分かった。
今回初めて選択しに入った携帯電話は12%だった。
また、読書量が貼ったと答えた人が64%で、活字離れをうかがわせた。



≪子育て 正面から向き合って!≫

夫婦関係の意識調査〜夫が育児すると妻の愛が長持ち〜

夫が子育てに参加する夫婦ほど、妻の愛情が保たれていたという。
「子育てが夫婦の溝につながらないようdん性こそ、仕事と生活の調和が重要だ。
不況時だが企業も夫への支援を考えてほしい」


*   *   *


…といったような興味深い記事が紹介されていました。
特に私が気になったのは、≪2歳未満はテレビ控えて≫という内容でした。
最低でも1日2時間未満にしたほうがよいそうです。
それは、対人関係や言葉に遅れが生じるからです。

テレビの情報は一方的ですよね。
一緒に見ながら「皆楽しそうだね〜」「あれは何かな〜?」とか。
声かけをしていれば多少は違うのかもしれませんが。
一人っきりでボーッと見させておくのは、大変危険です。

そのため。

ー乳、食事中の視聴ややめる
▲謄譽咾某┐譴觧間は一日二時間まで
子供部屋にテレビ、パソコンを置かない

そして。

テレビを一日見ない“ノーテレビデー”」などを設けると良いそうです。


私自身。
どこかでそういった情報を聞いていたので、あまりテレビはつけないようにしています。
つけても2時間を限度にしています。
それはパパにもきつぅーく言ってあります(笑)
というのも、月齢が低い頃。
パパにショウタを預けて出かけると、すぐにテレビをつけていたからです。


おいおいおいっ!!!!!絵本読むとか一緒に遊ぶとかしてよっ!!!!!


と怒鳴りました。
そして、「テレビはあまり良い影響はあたえないんだよ」という説明をしました。
そうしたらようやく納得してくれたので、それ以来は「つけても2時間」を守ってくれています。


それでも。


まぁ。


「絵本」というツールをかなり省いてしまっているので、ショウタの言葉の発達は遅いのかもしれません。
そこは本当に反省しています。
絵本に限らず。
ボール遊びとか。
パズルとか。
基本的に親が苦手な物って子どもに与えないですよね、食べ物の好き嫌いと同じです。
そういった部分を、今後は気をつけていかなければなぁと思いました。
だからって、心底嫌いで苦手でこれだけは絶対に無理っ!!!!!ということは、親自身もかなりストレスになるので、そこはまぁ…「ごめん、母は無理」とハッキリ言うつもりです。

例えば。


河魚とか。
スミマセン。
絶対に食べたくありません。
無理です。
吐きます。

あと。
基本的にインドア派なので、アウトドアはパパに任せようと思っています。


そんなわけで。
絵本の威力は偉大なんだよーという話をたっぷり聞いてきました。


*   *   *


まず、絵本の長所は、「話言葉だけでは得られない文法や表現を学ぶことができる」という点です。
そして、素敵なイラストとカラーが目をひきますよね。
それこそ、子どもの想像力をかきたてる重要なポイントとなってきます。

絵本を親子で一緒に読む事で、「同じ時間を共有する」という事ができます。
それは同時に、「気持ちも共有している」という事になります。
そのため、相手を思いやる心や、気遣う気持ちを育む事ができます。

何より一番驚いたのは、「絵本を読んでもらった子」と「そうでない子」の差が、10年後にはかなり開くという事です。
色々な生活環境はあれど。
それでも「絵本をたくさん読んでもらった子」は、思いやり・優しさ・考える力(応用力)等が養われるそうです。


こりゃぁ真剣に読まねばと思いました。


そんな絵本ですが。
産後だけでなく、妊娠中から読む事もオススメです。
特にその役割をパパがすると良いそうです。
なかなか子どもと触れ合う時間が持てないパパこそ、絵本というツールを使って子どもとふれあってください。
絆をつくってください。
それは起きている時に限らず、寝ている時でも良いそうです。
子どもは「音」を聞き分けて、きちんとパパの「声」を寝ながらにして聞いているそうです☆
それで起きちゃった時は…まぁ、あきらめて寝かしつけましょう(笑)


しかし。
そうは言っても。
なかなか聞いてくれなかったり、ページをぺらぺら捲ってばかりで全然読めないっ!!という事もありますよね。
我が家の場合は、ページをどんどん捲る事は勿論、適当にパッと開いたりもします。
そういった時、つい「順番だよ」と言ってしまいますが…。
実は実は。
そんな「順番だよ」は、絵本に限っては必要ないのです。

子どもは、捲る事が楽しいのです。
パッと開く事が面白いのです。
それならそれで良いのです。
進んだり戻ったり…そういった事は、例えば大きくなって壁にぶちあたった時。
「順番、順番」ばかりを聞かされた子どもは、ちょっと後ろを振り返って戻ってやりなおす…という事ができなくなります。
そういった「強さ」も養われるのです。

ホント。

たかが絵本なんて思っちゃいけませんね。

絵本サマサマでした。


*   *   *


オススメ絵本を数冊紹介します。
本当はたくさんあったのですが、書きとめきれませんでした(汗)


・ぷちぷち

・ぴんぽーん

・ぞうのボタン

・おへそのあな

・おこだでませんように


特に「おへそのあな」は、これから出産される方にオススメです。
「おこだでませんように」は、きょうだいがいる子にオススメだと思いました。
私も図書館で借りてこようと思いました☆


是非是非。
「素直に聞いてくれそうないまのうち」に、たくさんの絵本を読んで聞かせてあげましょう。
ママ&パパだけでなく、じぃじ&ばぁばに頼むと、きっと大喜びで読んでくれると思います(笑)
いろんな人の声で、表現方法で、たくさんの「お話」を聞かせてあげましょう。
そうしたら、少しは人を思いやったり、優しい子に育ったりすると思います。

私も頑張りたいと思います☆

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■「かぁーいい(可愛い)」・・・

最近。
ショウタの流行り言葉があります。
それが。


「かぁーいい」


です。
服を着れば、「かぁーいい?」と訊き。
私がカチューシャを付ければ「かぁーいい」とにっこり笑い。
ご飯を並べれば「かぁーいい」と大喜び。

ちょっと使い方が違うぞという時があるのですが…まぁ。
「かぁーいい」は別段悪い言葉ではないと思うので、そのまま好き勝手に使わせています(笑)

次はどんな言葉が流行るか、楽しみにしている今日この頃です☆

----------------------------------------------------------------------------------------------------

明日は午前中に皮膚科へ行ってきま〜す。

育児1歳11カ月3週4日目/学研教室と一条工務店。

JUGEMテーマ:1歳児の育児
 
今日はパパがお休みです。
いつもなら3人で食糧の買い出しへ出かけるのですが…。
ショウタがいると、何かとバタバタします(苦笑)
なので、パパへ預けて私1人で行って来ました。
こんなふうに「ひとり」でお買い物は久しぶりだなぁ…と思いながら、ゆっくりと店内を回ってきました。
そして。
しっかりと2袋分くらいの食糧を買って帰りました。
これで1週間はもつでしょう(笑)
いや。
1週間ちょっとくらいはある…かもっ!?

というのも。
明後日からパパは恒例の出張へと出かけます。
そうすると、イッキにご飯は手抜きになります(そんなもんですよね)
大抵。
作りおきをしたカレーとかシチューとかおかずとかで3〜4日間を過ごします。
あ。
ショウタはベビーフードになります(笑)

最近は大分涼しくなってきたので、シチューを作ろうかなぁと思っています。

…そんなズボラなワタシでスミマセン(苦笑)
ブログで性格と実態がボロボロと漏れていきますが…「まぁいっか」と思っています(A型で几帳面な部分もあるけど、時々ものすっごく楽天家になります…というか、メンドクサガリ??)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■学研教室・・・

何だか久しぶりに水曜日クラス(もともとのクラス)へ参加したような気がします。

10時に到着をしたので、一番ノリでした。
程なくして、ハル君親子(勿論、妹のユウカちゃんも一緒です)がやってきました。
教室からソレが見えたのか。
ショウタは裸足のまま外へ出て、ハル君親子をお出迎えしていました(笑)
そして、ecoさんとレオ君が来れば、これで全員勢揃いです。

…ホント。

少人数制だよなぁ。
狙って少人数になっているわけでもないと思います。多分。
まぁ、ごちゃごちゃと大勢いるよりは、子どもたちも動きやすいから良いと思います。


比較的ショウタは機嫌が良かったです。
おそらくそれは、頭一つ分背の高いハル君が、教室内をトコロセマシと元気に駆けまわっていたのも影響していると思います。
今日は…今日も、というべきでしょうか。
ハル君を筆頭に、教室内をグルグルと走りまわる事が多かったです。
大人しかったのなんて、クレヨンを使っている時くらいです。
皆クレヨンは大好きな様子です。

最初は、音楽に合わせて体を動かしていきます。
それを2曲分やって、「名前呼び」が始まります。
ハル君は少しだけお兄さんなせいか。


自分の名前が言えますっ!!!!!


すごいですーっ。
思わず拍手をする手に力がこもってしまいます。
そんなハル君は、大分明確に「言葉」を言うようになりました。
ショウタもこんなふうになるのかなぁ…と考えて見れば、最近は、以前よりもハッキリと言うようになった言葉があります。
それは。


「アンパンマン」「バイキンマン」


アンパンマンの力はすごいなぁと改めて思いました。
以前は、「アンパーン」とか「バイキン」とか言っていたのに。
この頃はちゃんと最後まで言うのです。
そして何となくですが。
最近は言葉の吸収が早いように思えます。
それは「そういう時期」になったから…という理由が先にあると思いますが。
何よりも、義両親の…特にお義母さんの影響が一番あるのかなぁと感じます。

本当にお義母さんはお喋り好きです。
おそらく体力があれば一日中だって口を開いていると思います。
閉じているのなんて寝ている時と病気の時だけだと思います。
ええ。
本当に。
それくらい。
よく喋るのです。
それなのにどうしてかパパとお義兄さんは比較的寡黙な性格です。
もしかしたら逆に作用したのかもしれません。

おかあさんが喋るから聞く。

そういう姿勢があったから、喋るよりも「聞く」方が上手なのかなぁと思う、今日この頃です。


*   *   *


さて。
今日のメインテーマは「色」でした。
育脳カードというのがあるのですが、表は食べ物のイラストがかかれていて、裏はそれに因んだ「色」が全面についています。(例/バナナなら黄色)

ショウタの分かる色は「青」「赤」「黄色」くらいです。
青と赤は言えるけど、黄色は言えません。
でも、「認識」はあるようです。
今日はそれに加えて「緑色」がありました。

カードでやった後は、ボールと少し大きな色カードが出てきました。

「○色のボールを取ってここに入れてくださーい」

その掛け声とともに、皆で入れていきます。
途中。
ハル君が袋の中に頭を入れて遊んだ事をきっかけに、ショウタはボールを入れる度に頭を入れて遊んでいました。

大きな色カードは、周囲を歩いて、「○色のおうちー」の掛け声で踏みます。
ちょっとその時は機嫌が悪かったのでできませんでした。


そういえば。


そういった内容は、ECCの体験に行った時にやったなぁ〜というのを思い出しました。


*   *   *


最後は、壁にペタッと背中をつけ。
「よーいどんっ」で、向かいの壁に立っているママの所まで走る…というのをやります。
しかし。
何故か。
今日のショウタは私の所ではなく、ハル君ママの所へ一直線でした。

うん。

まぁ。

別にいいんだけどね(苦笑)


そんなこんなで。
今日も楽しく1時間が過ぎて行ったのでした〜☆

いつも付き添いのパパは…。
今日は最初にちょこっとユウカちゃんと戯れ。
その後は、ちょくちょくレオ君がかまってくれていました。
でも。
その度に。
リチギにショウタが「妨害」をしに行っていました。
最近は、どちらかというと「ママ、ママ」だったので、ちょっと意外でした(笑)

可愛いユウカちゃんにも顔がほころびますが。
レオ君の無邪気な笑顔にも、ついつい破顔していた、パパでした♪

お疲れ様でした。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■義実家へ・・・

14時から一条工務店さんと約束がありました。
そのため、学研教室が終わってそのまま義実家へ向かいました。
いつものショウタなら車の中で寝るのですが…。
「おじいちゃん、おばあちゃんの家へ行くよ」と言ったせいか。
寝ませんでした(笑)
それでも私達が出かけた後に、2時間お昼寝をしたそうです。
そりゃぁそうだ。
二度寝をしないであれだけ動き回ったんだもん。
2時間は寝れるよね(笑)


*   *   *


義実家でお昼ご飯をいただきました。
相変わらず色々と出てきます。
食べきれない程出てくるのが、この家の特徴です。
「出された物は食べる」がモットーのパパは頑張って食べていましたが…「これ以上食べたらお腹が痛くなる」を知っているので、そこでやめていました。
私は…。
「外」だと意外とパクパク食べれてしまうので、自分の分に加え、ショウタの残飯処理もやっていました(笑)

満腹になって、このまま寝てしまいたいなー…という時に、出かける時間となりました。
今日は何故か泣かれましたが。




「ジュース飲もうか」




まさにツルノヒトコエでした。
お義父さんのその一言で、ショウタはピタリと泣きやみ。
「ばいばーい」と私達に言いながら手を振り、冷蔵庫へと向かったのです。




ジュースに負けた。




微妙な敗北感がありましたが…まぁ、子どもなんてそんなもんですよね。あはは。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■一条工務店・・・




「どーしよーかー」




車に乗って、パパの開口一番がコレでした。


むく「”どーしよーかー”って?」

パパ「一条」

むく「パパはどうしたいの?」

パパ「うーん…とりあえず今日は話を聞こうかなぁ…と思ってる」

むく「うん。まぁ。気持ち的には“ごめんなさい”ってお断りしたいところだけどね…」

パパ「悩むね〜」

むく「そうだね〜」


そんな、何だかまとまらない会話をダラダラと続けているうちに到着しました(笑)


今回、私は殆ど「聞く」側にまわっていました。
いや、普段も聞いているのですけど、今回はあえて口を殆どはさまずにいました。
変に挟んでパパの「こういう話のもっていきかた」を邪魔しちゃぁ悪いかなぁと思っていたからです。
そんな気持ちで…まぁ、ある意味第三者のような顔で聞いていると、ちょっと笑えてきました。

なんて実のない会話と時間なんだろう…と。

そして、いかにパパの語彙力がないかがわかりました(笑)
いや、知っていましたけどね。
トーク下手だなぁっていうのは。
でも、まかりなりにも「営業」なんだから、もうちょっとガンバレという気持ちで見守っていました。

対する一条の営業さんは、そりゃぁもうプロですよね。




「結局うちと契約する気あるの?」




そんな苛立ちが、やんわりとした言葉の端々から伝わってきました。
そりゃぁそうだ。
思わず内心で苦笑いしてしまいました。
かれこれ一年近くくらい、ダラダラとお付き合いしてきました。
店長の立場として、いい加減口説き落としたいところでしょう。
そうでなくとも、建築業界は9月が半期決算のようです。
そうなると、1棟契約できるかできないかは大きな差として数字で現れます。

そりゃぁ必死だ(笑)

でもその必死さは、私達にとってはちょっと重苦しいのが正直なところです。
一条工務店さんはひたすらに、家のハード面とでもいいましょうか。
基礎や建てた後のラーニングコスト?について熱く語ってきます。
更には、震災後にニュースで取り上げられたという一部も見せられました。

見た事がある人もいるかもしれませんが…。

海岸沿いにポツリと一棟だけ残っている家の映像を。
周囲は基礎を残した状態で全て津波にさらわれた状態です。
それがまさしく一条工務店が建てた家なのです。
基礎部分をしっかりとやっているから、津波にもさらわれる事なく、尚且つ水平状態を保って建っているのです。
しかし外見は無事でも、中身はぐちゃぐちゃです。
中だけ補修すれば住めますが…。
周囲がそういった状態で、住める状態にしても…。

何だか微妙だなぁと思ったのが、第一印象です。

そりゃぁ施主さんにしてみれば、「一条で建てて良かった!我が家の原型はとどめている!!」と喜んでいるかもしれません。
現に、そちらの地方では一条工務店への受注が、2倍になったとか。


確かに「家」は大事です。

災害に強い家というのも、魅力的です。

でも。

周囲が全壊したのなら、自分の家が同様の状況になっても「しょうがない」と私達は思っています。


色々と熱心に話をしてくださるのは、嬉しい事です。
でも、聞いていても全然ワクワクしてこないのは、何故でしょう。
それは、家の性能ばかりの説明で、「一緒に家造りをしましょう」「夢をかなえましょう」的な雰囲気が全く感じられないからです。

それが。

大手ハウスメーカーと中小の工務店との大きな「違い」でしょう。
それならば。
一緒に「夢」を叶えてくれる工務店さんの方がいいなぁ、と思いました。
確かに、値段と品質は比例するかもしれません。
あとから「やっぱり一条工務店で安心を買っておけばよかった」と思うかもしれません。
それでも。
「今の気持ち」としては、惹かれないのが事実です。


さて。
どうやってお断りをしよう。
パパの語彙力がまた試されます(笑)
ガンバレ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

明日はセミナーの2回目です。
絵本に関する内容なので、とても楽しみです♪

育児1歳11カ月3週3日目/健康診断と子育て支援センター。

JUGEMテーマ:1歳児の育児
 
今朝。
ふと携帯を見ると、メールが入っていました。
「誰だろう?」と思って見ると…それは、お友達のカナル君ママからでした。
早朝から私の昨日のブログを読んでくださったそうです(ありがとうございますっ!)
そのため。

「子育て支援センターへ来るなら、健診をやっているから受けるといいよ〜」

という、お誘い&お知らせの内容でした。
因みにカナル君ママは看護師さんの資格を持っています。
そのせいか。
詳しい事はわかりませんが、採血コーナーを担当していました。

市による健康診断の事は、広報を見て知っていました。
大学を卒業して以来、フリーターだったので一度も受けずに来ました(苦笑)
なので、かれこれ…8年振りくらいでしょうか。
もともと受診する予定でいました。
月末頃に。

でも。

折角連絡をくれたし。
どうせ行くのだから、ついでに受けてきちゃおう!と思い、出かけました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■健康診断・・・

受付は9時半からでした。
少し遅れた頃に到着をしたのですが、どうやら一番混雑する時間帯でもあったようです(苦笑)
とりあえず、検尿から始まりました。

周囲は子連れのママさんが多かったです。
主婦だとなかなか受ける機会がないですからね(苦笑)
因みに市のものなので、無料です☆

ショウタを一緒に連れながら、お手洗いへ行きました。
幸い、「まだ」この時点では大人しかったです。
これなら大丈夫…と思いながら、身体測定を受けました。
最近。
スッカリ体重を測っていないうえに、あまり気にしないで食べたり飲んだりをしていました。
恐ろしい数字が出るかと思いきや。


体重47.9


慎重160.3


そんな、ゴクゴク普通の数字が出ました。
ちょっとホッとしました。

その次は、血圧を測りました。
ちょっと部屋の中へ入ったせいか。
はたまたショウタは何かを察したのか。
ちょっと機嫌が悪くなってきました。

なるべく心を落ち着かせながら血圧を測った後は、診察です。
白衣の先生を見た途端に、「いやー」とでも言うように声をあげました。
いやいや、君が診てもらうんじゃないから、ママだから…と言いながら診察を受けました。
特にこれといって異常はなさそうでした。

さぁ。
その次が大変でした。
最後に受けたのは、採血です。
看護師さんが2人で手早くやっていたのですが、それでも少し待ちました。
その間、ショウタの機嫌はどんどん悪くなっていきます。
ちょっと眠たいのと、ちょっとお腹が空いたのと。


「遊びに行くって言ったのになんでこんなところにいるんだよー話が違うじゃないかー」


という感じの抗議の声もあったように感じます(苦笑)
何とか宥めるのですが、酷くなるばかりです。
途中から何だかもうめんどくさくなってきました。
「だったら外で待ってなさい!」の声が怖かったのか。
先頭で待っていた女性が、「順番かわりましょうか」と気遣った声をかけてくれました。
とっても嬉しい申し出ですが。
申し訳ない気持ちもたくさんあります。
それに、子どもがいる手前。
いつも「順番、順番」と言っているのに、何だか順番を無視するようで、ちょっと気が引けました。
なので、「大丈夫です」とにっこり笑って返事をしました。

ふと気づくと、採血を担当している看護師さんが、カナル君ママ1人でした。
知っている人に採血してもらった経験は今までないので、ちょっと緊張するなー…と思っていたら。
もう一人の人が戻ってきました。

ちょっと残念でした(苦笑)


何とか採血まで終え。
血が止まったのを確認して。
軽くおやつを食べてから、プレイルームへと向かったのでした。
その頃にはスッカリ…さっきまでぐずっていたのが嘘のように、晴れ晴れした顔をしていました。

何だか急にドッと疲れた、ママなのでした〜…。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■子育て支援センター・・・

1ヶ月振りくらいでしょうか。
いや、もっと間が空いていたかもしれません。
久しぶりに訪れたら、何だか人がいっぱいでした。
多分、健診をやっている都合もあるかと思いますが…。

少し緊張しながら扉を開けると、ショウタはピューッと一目散に電車や車が置いてあるコーナーへと走って行きました。
その姿を目で追っていた途中、見知った顔をみつけました。
学年は一つ下になります。
先日誕生日を迎えて1歳になったヒロ君親子です。
ヒロ君ママも私の顔を見つけてくれて、「あーっ久しぶりーっ♪」と声をかけてくれました。

ちょっと嬉しかったです。

会っていなかった一ヶ月ちょっとの間に、ヒロ君は上手にお座りが出来るようになっていました。
掴まり立ちも始めたそうです。
顔を見ると、ニコォッと笑ってくれました。
その笑顔は相変わらず可愛かったです。


ヒロ君ママ「ショウタ君またおっきくなったね!すっかりお兄ちゃんになってる」

むく「うん、縦にも横にも伸びたよ(笑)」

ヒロ君ママ「髪の長かった頃の方が印象が強いんだよね〜。だから余計に男の子って感じがする」

むく「ああ…確かに…」


以前は男の子っぽい格好をさせていても、「初めて」会うママさん達からは、「女の子」だと思われていました。
名札を見て初めて「えっ、男の子だったのっ!?絶対に女の子だと思ってた!!」と言われていました。
うん。
まぁ。
確かに。
昔の写真を見ると、女の子って感じがしますね…否定はしません(笑)


ショウタは殆どの時間を、プラレールで遊んで過ごしていました。
時々思い出したように他の玩具で遊んだりもしましたが、やっぱりすぐに戻って行きました。
家にコレがあったら一日もちそうだなぁ…と、思いました。


そうそう。
“ふれあい広場”で知り合ったフウカちゃん親子も遊びに来ていました。
かなり久しぶりに会いました(苦笑)
フウカちゃんは大勢の中は、少し慣れるのに時間がかかるそうです。
なので、殆どママの側で遊んでいました。
そして、遊びたい玩具があっても、とりあえず眺めて…誰もいなくなってから遊ぶそうです。
ある意味賢いですよね。
ショウタなんか相手が年上でも真っ向から奪いに行くし…。


その無鉄砲さは誰に似たんですかー・・・・・?


フウカちゃんママ「ショウちゃんは年上の子がいても負けてないよね」


それは、ボールプールで遊んでいる時の一言でした。
先に2〜3人、3歳組の男の子達が遊んでいました。
そこへ怯む事も臆する事もなく、ショウタは入っていきました。
そして、大はしゃぎで遊んでいました。

負けていないというより…我関せず??
きょうだいがいれば多少の上下関係を勉強するでしょうが、普段の中では全くできません。
まぁ、これもきっと幼稚園に入園すればわかる事なのでしょうが…。
だから平気で年上にも喧嘩をふっかけるんだよねー(汗)
見ているママはヒヤヒヤでたまりません・・・・・。


さて。
火曜日は先生のお話しが聞ける曜日でもあります。
今日は、アンパンマンのお話しでした。
ショウタは室内にある滑り台のてっぺんに登って見ていました。
どんだけオレサマだよ…。
何度か下ろそうとしたのですが、その度に「いやかんっ!!」と言うので、諦めました。
幸い。
他にも数人が一緒に登ってみていたし…。




そんなこんなで、楽しい2時間弱の時間が過ぎたのでした〜☆
やっぱり。
たまには。
遊びに来た方がいいなぁ…と思いました。
とにかくショウタがめちゃくちゃ生き生きと遊んでいたからです。
まぁ、大好きな玩具を比較的誰にも邪魔される事なく遊べたから、というのも理由だと思いますが。
なるべく同じくらいの年齢の子達と触れ合わせようと思いました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

明日は午前中に、学研教室。
そして午後からは一条工務店さんとお話しがあります。
明日も一日がんばるぞー☆

育児1歳11カ月3週3日目/工務店訪問〜植村産業〜

 
今朝7時半過ぎ頃だったでしょうか。
パパが東京から帰宅しました。
台風の影響は殆どなく…ただ、帰りの高速道路で少し足止めをくらったそうです。
なんにせよ。
無事の帰宅でホッとしました。

その後。

慌ただしく…とまではいきませんが、出かける準備をしました。
そう。
私の実家へ向けて、出発です☆

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■さすがは田舎・・・

父は仕事。
母はパート。
祖父はデイサービス。
祖母は接骨院。
めーちゃんは、勿論仕事。

家でお留守番をしているのは、愛犬ツンクのみです。

それなのに…。




家の鍵が開いている・・・・・




さすがは田舎です。
この辺りでは、「普通」な光景です(苦笑)
実家に住んでいた頃は、特に違和感はありませんでした。
しかし。
一歩家を…地元を離れてしまえば、それは「不用心」に変わります。
そのため、パパと同棲を始めてからは、しっかりと鍵をかける習慣がつきました(笑)

普段。
私達が実家を訪ねる時は、大抵母がいます。
しかし。
「今日行くから」という事を、伝えたような伝えていなかったような…という感じでした。
そのせいか。
やっぱり母はいつもどおりに仕事をしてから帰宅しました。
一足早く…といっても、11時半頃に帰宅をしたのは、祖母でした。

一緒に買って来てくれたお惣菜を食べ。
12時半頃、ショウタを預けて出かける事にしました。
勿論。
ショウタが祖母と二人っきりになるのは、これが初めてです。
それで少し不安を感じたのか。

泣きました。

でも。
祖母の抱っこで泣きはするものの、暴れる事はありませんでした。
多分、ちょっとあきらめも入っていたのでしょうね(苦笑)

それでも、開けてある窓という窓から、ショウタの泣き叫ぶ声が、よぉーっく…よぉーっく響いてきたのでした。


おばあちゃんごめんねっ!!!!!


という申し訳ない気持ちがあったので、帰りに和菓子のお土産を購入したのでした〜。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■最終打ち合わせのつもりが・・・

今日は13時から植村産業さんとの打ち合わせでした。
これで「最後」のつもりでしたが、話の流れ的に「あともう1回」お会いする事になりました。

そんな今日の内容は…。

間取りプランの縮小版と、それをベースとした見積書。
そして、使用されている内装の仕様(キッチン等のグレード)の説明を聞きました。

値段は…。




2,700万円




くらいでした。
予算を見事に超えています(笑)
それでも、返済シュミレーションを見ると、月々は5〜6万円くらいでおさえられています。
本当にこれでいけるのなら、予算は超えていても、正直、問題はありません。
現在の家賃が7万ちょっとなので、それよりはおさえる事が出来たら…と思っているからです。


さぁ。


こうなってくると、ますます工務店決定に悩みます。
なので、スーモカウンターの担当者さん…F見さんに、第三者目線で相談にのってもらうことにしました。

植村産業さんか。
イチワホームさんか。

あ。

多分。

一条工務店さんは外れると思います。
確かに、一番「安心」を買えるハウスメーカーさんです。
どれだけ高品質な物を使用しているのかも、たくさん話を聞いて理解しているつもりです。
大工さんの腕が良いだろうということも、伝わってきます。

しかし。

やっぱり。

結局のところ。

毎回の打ち合わせは担当者さんと…になります。
完成を来秋に予定をしているので、ちょうど1年後くらいになるでしょうか。
その1年を、この担当者さんと一緒に…と考えると、少しヒッカカリを覚えます。

悪い人では、ありません。
それは、勿論。
でも。
ちょっと。
強引な部分が気になります。
一緒に良い家を造りましょう、的な気持ちが伝わってきません。
むしろ、「これいいんだからとにかく買ってよ」的な感じが伝わってきます。

うーん・・・・・うまく断れるといいなぁ(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■お迎え・・・

そんなこんなで、実に3時間の打ち合わせをしました。
内容がこかったので、あっと言う間の時間でした。
少し急いで帰宅をすると…ちょうど教育番組を見ているところでした。
普段は見ないくせに、こういう時は真剣です。

「ただいまーっ、ありがとねーっ」

そう言いながら抱きつこうとしたら。




「いやかんっ、いやかんっ、いやかんっ!!!!!」




ええ。
断固拒否な感じでした。
ママ&パパはちょっとショックでした。
でも、ちょっとすねていたのかもしれませんね(苦笑)
そんな感じでした。
なので、「おいしいおやつがあるよ〜」で、目が光りました(単純)



母と祖母の話を聞くには。
そうとう「いいこ」で過ごしていたようです。
持って行ったトーマスのプラレールで遊んだり。
祖母とトーマスのパズルを何度もやってみたり。
おいしいおやつを食べさせてもらったり(笑)
当然。
お昼寝は全くしていません。
そのため、車に乗ったらシュンサツな勢いでした。

お疲れ様。
いいこで過ごしてくれて、ありがとう♪

そんな気持ちで、ベッドへころがしたのでした〜。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■ある日のお昼寝の様子・・・



ママ&パパの抱っこよりも、トロの方が気持ち良いと気付きました。
それ以来。
ずぅーーーっとこんな感じで、自ら抱きついて寝るようになりました。
ママ&パパはらくちんになったけど…ちょっと寂しい、今日この頃です。




お茶は欠かせません。
これがあると、一度起きても飲んですぐにまた寝るからです(笑)
まぁ、その分。
オムツはパンパンになるので注意が必要です。




トロだけでは物足りないのか。
しまじろうもセットで抱っこです。
時には、トロ・しまじろう・自分…というサンドイッチ状態になって寝ている事もあります。
そんなふうにぬいぐるみを抱いて寝るのも…いつまでなのでしょうね〜(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

明日は特に予定がありません。
なので、久しぶりに子育て支援センターへ遊びに行こうと思います。
そして、午後からは皮膚科を受診する予定です。
お尻に赤いブツブツがあります。
汗疹だとばかり思っていたのですが、一向に治りません。
そして、とても痒そうです。
虫にでも刺されたかなぁ…(汗)
これ以上酷くなる前に…と思うので、行く予定です。

育児1歳11カ月3週2日目/お家で過ごす日。

JUGEMテーマ:1歳児の育児
 
今日は朝から雨降りですね〜。
近所のショッピングセンターにでも行こうかと思っていましたが、やめました。
わざわざ雨の中を運転するのが嫌だなぁと思ったからです(メンドクサガリです)
まぁ。
色々と録画した番組もあるので、そういった物を見ながらまったり過ごそうと思います(いつもマッタリだけど…)

しかし。

大人がまったりモードを決め込んでも、子どもは遊びたくてしょうがありません。
そんなわけで。
遂に。
出しました。


トーマスプラレールをっ!!!!!




某薬局のポイントで交換しました↑↑↑


プラレール初体験な私は、レールを繋げるだけでも一苦労!!
何分くらい格闘したのやら…(苦笑)
電池を入れてスイッチを押すと。




「うわぁぁぁぁぁぁっ!!!!!」




ショウタの大歓声が響き渡りました。
そりゃぁそうだ。
我が家にとっても初プラレールだし。
目の前で大好きなトーマスが動けば、そりゃぁ感動だよね。

これで一日乗りきれそうです(笑)


そりゃぁもう真剣です。マジです。


キャーキャー良いながら動かしています。

因みにこのセットの情報は、お友達のショウヘイ君ママからです。
お家へ遊びに行った際に、教えていただきました。
ありがとうございました♪

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■ボイス・アクターズ・・・

NHKの番組です。
多分、新番組の宣伝もかねているのかなぁ…という感じがします。

1回目を見て、何だか微妙だなぁ…と思っていました。
しかし、2回目の先日。
とりあげられたのは、福山潤と森川智之でした。
福山君は最近ブレイクした新人なので、名前くらいしか知りませんが。
森川さんは有名です。
声優歴25年なので、アニメを見なくとも吹き替えで聞いた事があると思います。
うーん…すぐには浮かばないけど…。
ブラピとかキアヌとか…って紹介していたかな。

前半は福山君を取り上げ、後半は森川さんを…という感じの構成でした。

その後半の森川さんの内容は、ちょっと懐かしい物でした。
声優業の傍ら、養成学校の講師もしているそうです。
発声練習の風景やら、外郎売の内容やら…。
「そうそう、こういうのを一生懸命にやっていたんだよね〜」と、懐かしく思いながら見ていました。
そんな一生懸命に覚えた外郎売は、殆ど忘れましたが…(パパは多分覚えているな)

本当に「成功」を手にする人は、一握りの世界です。
現に同期だった仲間のうち1人は、現在、東海ラジオレポートドライバーとして活躍しています。
もう1人は、先日の某検証番組に登場していたし(笑)
現在、巣山プロに所属しています。

他の皆は…。
養成所を退所してからは、スッカリ連絡を取らなくなりました。
元気にどこかで活躍していたらいいなぁ…と思っています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

明日は午前中に植村産業さんと打ち合わせがあります。
とりあえずこれが最後…かな。
いまのところ、イチワホームさんとどちらにするか悩んでいます。

「どちらが、より、夢を叶えてくれるか」

というのが、決めての一つになると、スーモカウンターの担当F見さんは言っていました。
うーん。
ぶっちゃけどっちも叶えてくれそうなんですよね(苦笑)
多分、F見さんの第三者の意見を聞きつつ、決定する事になると思います。

育児1歳11カ月3週1日目/しまじろう夏コンサート2011〜しまじろう ふしぎなもりの ものがたり〜

JUGEMテーマ:しまじろう
 
昨日の夕方頃。
ニュース番組を見ながら、半ば、【しまじろうコンサート】を諦めていました。
嗚呼悔しいなちくしょうっ…と思いながら、17時過ぎ頃。
HPの“おしらせ”をチェックして、驚きました。




公演を予定通り開催することといたします




え。
マジですか。
公演やっちゃいますか。

その時。
外はゴウゴウと音を立てて風が吹き荒れていました。
こんなんで雨が降った日には、絶対に外になんて出られないし出たくないっ!という感じでした。

嬉しい気持ち半分。
ちょっと嫌だなぁと思った気持ち、半分。

微妙な具合に、胸中で混ざり合っていたのでした〜…。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■パパの遠出・・・

明日、友人の結婚式の二次会があるので、今夜の夜行バスで東京まで出発します。
何でもその友人は、【81プロデュース】のジュニア?に所属していて、チョイチョイ色々な作品に登場しているそうです。
一番身近なあたりで、トーマス作品でも声をあてているとか…。
あんまり詳しく聞いていないのでわかりませんが。
パパは嬉々として、二次会へ「出席」のメールを送信していました。


パパ「大物声優とか来ちゃうかな!?」

むく「え〜…それはないでしょう。いくら後輩といえど、あまり現場で一緒になっていなければ、顔も名前も知らないと思うよ」

パパ「そっかー…あーでも、楽しみだなぁ♪」

むく「ハイハイ。(関)敏彦さんがいたらサインもらってきてね」

パパ「えー俺は、中尾隆聖(バイキンマンの声を担当しています)とか会いたいけど」

むく「あーうん、しぶいよね。お芝居も生き生きしてたよ」

パパ「えっ、観に行った事あるのっ!?」

むく「え?付き合って頃の話じゃないっけ??」


はい。
多分、その頃の出来事だったと思います。
ある程度のお金と時間の自由がきく身(フリーター)だったので、色々とお芝居を観に東京や大阪、神戸なんかまで行っていました。
ドラマティックカンパニー】という劇団です。
2回くらい観に行った…かなぁ。
レベルの高いお芝居だった気がします。

その他だと、現在の『ドラえもん』でスネオ役をやっています。
関智一さん率いる劇団【ヘロヘロQカムパニー】とか。
『名探偵コナン』で工藤新一役の山口勝平さん、高木渉役の高木渉さんとの【さんにんのかい】とか。

あー懐かしいっ。

育児がひと段落したら、また色々と観に行きたいです。


あ。
そんなわけで。
月曜日の朝までパパは帰ってきません。
実家へ帰ろうかと思ったのですが、こんなお天気です。
大人しく家で過ごそうかなぁと思っています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■しまじろうコンサート・・・

前回のクリスマスコンサートに続き、行ってきました!
むしろ前回のリベンジな気分です(笑)
というのも、私は体調不良、ショウタはしょっぱなから寝てしまって全く観ていない…という状態だったからです。
それでも、舞台上からたくさんの元気やパワーをわけてもらったような、そんなとても楽しい内容でした。

それは今回の舞台も同様です。

本当に、こういったファミリー向けのコンサートって、テンションが違うんですよね。
もう、最初っからMAXなんです。
歌ったり踊ったりするお姉さん達の、ダンスのキレが良い事良い事…。
子ども以上に元気に歌って踊って飛び跳ねていました。
さすがです☆

あまり詳しい内容は書きませんが…。

あっという間の内容でした。
何となく、ちょっぴり物足りなさを感じました。
前回のクリスマスコンサートの方がドキドキ&ワクワクしたのは、やはり「初めて」だったからでしょうか。
それともショウタが寝ていて、逆に集中して観ていたからでしょうか(笑)

そんなショウタは、前半のくいつきは良かったと思います。
膝に乗せて見たのですが、背後から表情を伺うと、ニコニコしていたからです。
勿論、しまじろうをギュゥッと胸に抱きかかえていました。

それが後半になると…集中力が切れたのか。
はたまた、ちょっと(ショウタ的には)怖いキャラクターがいたのか。
思いっきり私にしがみついて、舞台の方を見ようともしない時間がありました。
そのまま寝てしまいそうにもなっていました。

それでも舞台が明るくなるのと同時に興味もひかれたのか。
最後までなんとか見てくれました。


でも。

うん。

クリスマスコンサートを申し込むかどうか…微妙です…。

私個人的には、見たいです。
だって、子どもが小さい頃じゃないと、こういったファミリーコンサートって参加できないじゃないですか(笑)
普段のお芝居の舞台と違った楽しさがあるので、見たい気持ちがあります。
しかし。
ショウタと二人っきりで会場まで行って帰ってくるのが、結構ツライです。
パパがいてくれたらどれだけラクか…と思うのですが、仕事で休めないと言われました。

ショウタ的には。
普段は殆どしまじろうに興味がありません。
でも、「生」で歌を聞いたり踊りを見たり、皆のリアクションを感じられる機会は、こういった場所以外にありません。
なので、参加させてあげたい気持ちがあります。

終始不機嫌だったらそりゃぁ諦めますけど、あのキラキラした笑顔をちょっとでも見られたのなら、次も見せてあげたいという気持ちになります。


さぁ…どうしよう…?

妙やecoさんは、どうするのかな〜…。


そうそう。
何故か妙の息子君に、耳の穴をガサガサ指を突っ込まれたり、鼻の穴にも突っ込まれそうになっていました(苦笑)
えーっと。


穴フェチ?


以前よりもいっそう「いたずらっこ」「わんぱくっこ」な表情が増えたなぁと感じました。
ええ。
それはショウタも同様ですけどねー。
男の子はそんなもんなのかなぁ…と、見ながら思いました。


そんな妙&息子君とゆっくりする暇もなく、帰りました。
とにかくお天気が微妙でしたからね。
気になって気になって…。
妙も妙で体調が微妙でした。

また元気な時にランチでも行こうね♪

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■珍しい出来事・・・

帰宅後。
そりゃぁもう私とショウタはくたくた状態でした。
お互い不機嫌モードです。
なので、さっさと入浴を済ませ、買ってきた惣菜で夕ご飯を済ませ、さっさと寝かしつけることにしました。

その際。

会場で購入をした、今日のコンサートの内容が絵本になったものを、読んで聞かせてあげる事にしました。
普段。
私はあまり読み聞かせをしていません。
やらなきゃなー…というのはわかっているのですが、こちらが読む前にページをペラペラ捲り。
捲っただけならまだしも、最後の頁までくると「キィーッ!!!!!」という感じで、今度は逆に捲っていくのです。
全くこちらは読めません。
「ママ読んでるよ」と言って手を止めても、また「キィーッ!!!!!」と怒ります。
なので、本当に1週間に数回しか読んでいません。

今晩はどうかなぁ…と思い、ヘッドボードにクッションを置いて、一緒に並んで絵本が見れるように座りました。
その腕にはしまじろうを抱かせました。

そのおかげか。
はたまた、何か感じるところがあったのか。




終始大人しく聞いているっ!!!!!




読み終わって、「さぁ寝ようね」というと、絵本を抱え込んで「いやかんっ!!!!!」と言いました。


むく「もう1回読むの?」

ショウタ「あん(うん)」

むく「読んだらねんねだよ」

ショウタ「ねんね、だよ」


納得していないだろうなーと思いながら、2回…3回…と読み聞かせました。
さすがに4回目を読む気にはなれず(冷たい母親ですみません)


むく「今晩はこれでおしまい。寝るよ」

ショウタ「いやかんっ!!!!!」


ものすっごい不満な声が聞こえましたが、電気を消しました。
真っ暗にすれば諦めるし、「寝る」スイッチが入ります。
特に今日は1時間弱しか寝ていないので、寝付くのが早かったです。

明日いっぱい呼んであげよう…と思いました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

明日は特に予定がありません。
とりあえず。
台風が気になります・・・・・。



育児1歳11カ月3週0日目/やっぱりトーマスが大好き。

JUGEMテーマ:1歳児の育児

台風はゆっくりゆっくりと動いているようですね。
何とかそれてくれそうな感じ…かなぁ。
でも、雨降りは避けられないと思います。
小さい子供と一緒の外出が「雨」って、最悪ですよね。
ただでさえ、荷物が多くて両手は塞がるっていうのに…。

うーん。

だからって車で行くのは怖いしなぁ。
まぁ。
その前に。




公演が中止になりませんようにっ!!!!!(現在16:00、あと1時間後に有無がわかります)




---------------------------------------------------------------------------------------------------- 
■トーマスがいっぱい・・・

正確には、トーマスのキャラクターがいっぱい、という事です。

以前。
缶コーヒーのおまけでついていた、トーマスフィギュア達があります。
少し小さめだし、なくしたりしたら嫌だなぁ…と思い、棚に締まってありました。
しかし。
ショウタは最近、棚をバシバシ叩いて壊しそうな勢いです。

まぁ。
“おまけ”だし。
なくなったらショウタ自信の責任だし。
そう思い、飾っていた分と、しまいきれなかった分を、全部箱にぶちまけました。
(ちょうどよいサイズの箱があったのです)

そうしたら、意外や意外。
以前は、1個取り出せば、あちこちで遊んでいたのに。
箱の近くでしか遊ばなくなったのです☆
箱から出しては並べ…戻しては、また並べ…なんていう事を飽きもせずに繰り返しています。
時にはパソコンが置いてあるテーブルに並べてもいますけど。

更には。
(やっぱり)以前は片付ける事を頑なに拒否したのですが、全部ぶちまけてからは、「片付けて」というと、きちんと箱に全部戻してくれました。
自分の中でも、「これは大切な玩具」という位置づけがされているのでしょうか。

やっぱりトーマスキャラクターが大好きなんだなぁと感じた、今日でした。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■育児講座・・・

昨日。
広報を読んでいたら、ちょうど今日から申し込みが開始となる育児講座((無料)がありました。
1歳半〜未就園児を対象としたイベントです。
皆でワイワイ遊べるような内容でした。
定員30組という事で、9時半頃に電話をしました。

すんなりと申し込みが完了しました〜☆

9月30日・・・だったかな。
楽しみです♪

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■癒し音楽・・・


なんとなく流して聞いています。
いえ。
生理前等はあんまりにも苛々が酷いので、こういったお助けアイテムがあれば、多少は抑えられるのかなぁ…と思ったからです。

今日初めて聞いたのですが。

癒されるというよりは。


眠くなる(笑)


でも、心地よく響いてくる音楽なので、聞いていて気持ちが良いです。
こうやってブログをかいていても、全然邪魔になりません。

他にもたくさんありました。
カタログを見ているだけで、楽しくなってきます♪

【送料無料】0歳からの育脳クラシック

【送料無料】0歳からの育脳クラシック
価格:1,890円(税込、送料別)


我が家はショウタを出産して1カ月後くらいに、赤ちゃんが泣きやんで静かに眠れる…というCDを、パパが購入してきました。
まぁ。
まぁーったく効果はありませんでしたけどね(笑)
それでも、何となくリラックス効果はあったのかな〜と思います。

もう少し大きくなってからは、時々クラシックを聞かせていました。
といっても、のだめカンタービレのCDです。
こういった物なら私自身が聞いていても、「あ、ドラマで聞いたな〜」とかわかるので、飽きてこないからです。
あと。
何となくですが、これを流しながらお昼寝に入ると、長く寝ていてくれたのです。

そうじゃなくてもよく寝る子ですけどねー(笑)

あと。
子どものうちから、クラシックのようにたくさんの音がいっきに流れる音楽を聞かせると、ちょっとは音感のある子に育つかな〜という期待もこめました。
私自身、音痴なのです。
ピアノを習っていたくせに、音感がないのです。
家にピアノがあれば、下手なりに色々弾いてあげられるのですが…。
なので新居には、実家で眠っているピアノを持ってくる予定でいます☆

心と身体にやさしいCDに興味のある方は、こちらへどうぞ→http://www.della.co.jp/

----------------------------------------------------------------------------------------------------

さぁ。
明日のしまじろうコンサートやいかにっ!?

育児1歳11カ月2週6日目/子育てセミナーC_麑棔Ь綣蠅併劼匹發亮犬衒をやさしく学ぼう〜適度な自信を持って子育てするために〜

JUGEMテーマ:1歳児の育児
 
台風が近づいているそうですね…。
そして、それが3日にこの辺りを直撃するようです。




それてくれぇ…それてくれぇ…それてくれぇ・・・・・!!!!!




3日は待ちに待った“しまじろうコンサート”の日です。
前回は、前日に高熱を伴った風邪をひき、【】&息子君にめちゃくちゃ迷惑をかけました。
なので今回のコンサートは、しっかりと体調を整えて行こう!!と気合を入れていました。
それなのに、台風が近づいているっていうじゃぁないですか。
おまけに、へたをしたら公演中止になり、チケットが払い戻しになってしまいます。

そんな事よりも心待ちにしていたコンサートを見させてくれーーーっ!!!!!といった感じです。

それに。
こういった天災の場合、開催側としては何も「お詫び」的な対処はありませんよね?
それが悔しんですよねぇ…。
同時に。
心待ちにしていたちびっこ達は、さぞかしがっかりするでしょうね。
ショウタはまだあまりわかっていないので、「今日のお出掛け中止ね〜」くらいで大丈夫です。
しかし、そうではなくて、ある程度「わかる年齢」に対しては、どうやって説明をしてあげれば良いのでしょう??


「台風が来てね、しまちゃん達は来られないんだって。残念だね。ガッカリだね。寂しいね。
でもね、次はクリスマスコンサートがあるよ。ママ、頑張ってチケットをとるから、楽しみにして待っていようね」


という感じに言ってあげればいいんでしょうかねぇ…。

ええ。
そんなわけで。
クリスマスコンサートの会員向け先行予約が今日から始まりました
ショウタ自身は殆どしまじろうに興味がありませんが(苦笑)
私が行きたいっ(笑)

…という事で、とりあえず妙に「行く〜?」と連絡をしてみました。
まぁ彼女が行かなくても、その時は私とショウタの二人で行ってこようと思います(パパは多分お休みが取れないので…)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■子育てセミナーC_麑棔ΑΑ

A、Bと続けて受講をしました。
なのでその勢いで、Cも申し込みをしました。
見事託児付きで受講できる方に申し込みが通ったので、ラッキーでした☆
さぁ、今日から合わせてゲ麒の講座を受講する事になります。
楽しみです♪

今日はセミナー後に、【ecoさん】のマンションへ行って、少しだけフェイシャルエステの指導を受けます。
ショウタを連れて行こうか迷ったのですが、「きっと眠くなってぐずる」と思ったので、義実家へ預ける事にしました。
そのため、ちょっぴり荷物が多くなりました(笑)


*   *   *


久しぶりに会場のある場所へと訪れました。
家から車で10分くらいです。
いつもはなんやかんやとイベントがやっているので、駐車場は賑わっているのですが…。
9時半過ぎに到着したにも関わらず、空いていました。
こんな事は、多分、滅多に、ないんだろうな〜(苦笑)

ショウタを車から降ろし、歩いて建物内へ入りました。
託児室があるのは、3階の和室です。
エレベーターはあるのですが、運動がてら階段を使っています。
上ってくれるかなぁ…と思いきや。
階段の手前で「だっちゅー(抱っこして)」と両手をあげてきました。
「あー…ハイハイ」と思って、小脇に抱えるカタチで3階まで登っていきました。

ええ…ちょっと息切れです…。

下ろしてからテクテクと順調に歩いたかと思いきや。
やっぱり扉の前で、「あっちーっ」と言いながら歩いてきた道を戻ろうとしました。

オイオイちょっと待て!!

慌てて手を掴み、「トーマスいるよ〜パーシーもいるよ〜アンパンマンもいるよ〜楽しいぞ〜」と言いながら、何とか部屋へ連れて行きました。
それでようやく「ここは楽しい場所」というのを思い出したのか。
勢いよくサンダルを脱ぎ捨て、中へ入って行きました。

ちらほらと見慣れたスタッフさんや、親子の姿を見かけました。

セミナーAの頃は大泣きだったのに…。
今はスッカリ慣れた様子で、「ばいば〜い」と手を振ります。
これならいつでも保育園ないし幼稚園に預けられるのに…その資格がないのが残念です。

でも。
お家を建ててお引っ越しをしたら、私立幼稚園の3年保育に入園させようと思っています。
調べてみたら、数か所見つけたからです。
まぁ…制服とかその他もろもろでかなりお金がかかりそうですが…。


がんばれ、パパ(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■講師の方がとても面白かったです・・・

今回は大阪からいらっしゃいました。
女性ライフサイクル研究所】の津村薫という女性でした。
とても柔らかい声で話す方でした。
その音で大阪弁をところどころに交えたり、ボケ・ツッコミが自然と入ってくる喋りでした。
そのため。
今まで聞いたどの講師の方よりも、一番面白かったです(笑)

基本的に大阪の人って、面白いですよね。

昔、何人か友人がいました。
彼女たちが集まって喋るだけで、それを聞いているだけで、私はかなり楽しかったのを覚えています。
根っから「面白いコミュニケーション能力」が備わっているのでしょうかね。
だとしたら大阪の人ってすごいなぁと思いました☆


*   *   *


【1】どう叱ればいいのかわからないと迷っていませんか?
〜子どもの発達をわかりやすく学び、子どもに寄り添った対応を〜

ヾ靄榲信頼とは?

世界への信頼、他者への信頼、人生への信頼、命への信頼、自分への信頼

「生まれてきてよかった!この世は信頼でできている。人は信頼できる。私は良い存在だし、大切に扱ってもらうに値する。生まれてきて、ああ嬉しい」

→何よりも一番大切な事は、「子どもかわいがってあげる」という事です。
たくさん抱っこをしてあげる。
たくさん頭を撫でてあげる。
たくさん「大好きだよ」と言ってあげる…等。
「抱き癖がつくくらい抱っこをしてあげましょう」という事を、よく聞いたと思います。
そういった行為が、「基本的信頼」に繋がるのです。
そして、「基本的信頼」を土台にして、子どもは…「人」は子のあと、8つの段階を経て行きます。
積み上げていきます。
そのため、なんでもそうですが。
土台がしっかりしていないと、その後が上手に積み上げられていきません。

勿論。

いつだって土台に返って補強してあげる事は可能です。
ただ、それがちょっと時間がかかって、ちょっとパワーを必要とする事になる、というだけです。
人間にはそういった力も備わっているんだよ〜という事を、覚えておいてください。


⊆己コントロールとは?

自分と同様に他者も尊重するという社会の原則を学ぶ

守るべきルールがあることを知る


→例えば。
スーパー等で「お菓子買ってーっ買ってーっ買ってーっ」という感じに地団太を踏んでいる子どもを見かけた事はありませんか?
そうでなくとも、ママに「だめっ」と怖い顔と声で叱られ、泣き叫んでいる子どもとか…。
そういった出来事に対して、どう対処していったらよいのか…という事は、悩んでしまいますよね。
でも。
子どもの気持ちをきちんと声に出して「わかっているよ」という事を伝え、そのうえで、「でも今日は買わないよ」という事を伝えます。

予め「今日は100円のお菓子を1つ買ってもいい日」「今日は買わない日」というのを決めて、出かける前に約束をさせるのも方法です。
「約束」をしたからには、子どもがどんなに泣き叫んでも絶対に買ってはいけない、というのが重要なポイントです。
ここで「今日だけよ」なんて言って買ってしまうと、「ごねれば買ってもらえる」とインプットされてしまい、今後にとても苦労する事になります。

「我慢すれば、気持ち良く買ってもらえる時があるんだ」という事を、しっかりと教えてあげるのが大切です。

勿論。
そんな事がたった1回ですんなりとおさまるわけはありません。
なので、大人は何度も声をかけてあげる事が「仕事」となります。

私自身はかなり短気なので、なかなかこういった長期戦は苦手です。
でも、まずは、子どもの気持ちを代弁してあげる事から始めようと思います。


どうして、人は「キレる」のか?

→感情豊かな子は、キレにくいそうです。
なので。

「見て見てーっ!!」「聞いて聞いてーっ!!」という行為を、しっかりと受け止めてあげましょう。
それこそがまさに「感情豊かな子」へと繋がるからです。
それは勿論、周囲の大人も同様です。
感情豊かに過ごしていれば、それは子どもへと影響します。
親や周囲の大人が生き生きとした表情で過ごしていれば、子どもはそれをしっかりと見て成長します。
そして、「好きな事」もしっかりとやらせてあげください。
後々「生きる糧」になるからです。


子どもにカッときたらどうする?

まずは大きく深呼吸をしましょう。
そして、自分と人を傷つけない方法でストレスを解消できる工夫をしましょう。
それができたら、子どもにきちんと「何故いけないのか」という事を説明してあげましょう。
意味づけといいます。
頭ごなしに「駄目」では、次には繋がりません。
きちんと説明をしてあげれば、子どもなりに納得していきます。
それを繰り返す事で、子どもは同じ事で困らせなくなります。


怒りのコントロールがで上手になろう


自発性とは?

積極的に人生に取り組み、主体的に生きて行こうとする力

自分でやりたい!を応援する〜イライラしない工夫を〜
失敗から学ぶことを助けてもらう


「目は口ほどにものをいう」…でしたっけ(いい加減…)
コミュニケーションを100パーセントとして、言語コミュニケーションは3%、非言語コミュニケーションは93%の割合になるそうです。
そのため、小さい子に注意等をする時は、怖い表情や声音で「駄目な事」「やってはいけない事」を教えるだけでも伝わるそうです。
何でもかんでも駄目というわけではなく、まず重要なのは、☆命にかかわる事☆人を傷つける事…この2つは必ず厳しく注意しましょう。
それ以外は、各々の家庭の方針です。


【2】適度な自信を持って子育てするために必要なこととは?

自分のことが好きですか?自信を身につけましょう

こころもからだも鍛えましょう→ストレスに強くなりましょう

いきいきと生きることを大切にしましょう


自分の長所を20コあげられますか?
私は全く挙げられません(苦笑)
自分に自信がないからです。
でも、自分に自信がない人は、自分に厳しいだけではなく、時として周囲にも厳しい目を向けてしまいがちです。
なので、毎朝鏡を見て、自分をたくさん誉めてあげてください。
誉め上手、誉められ上手になりましょう。

ということで、早速今晩から鏡の前で自分をほめようと思います。


【参考文献】FLC21子育てシリーズ いずれも三学出版
‖舎榾子・窪田容子『今からでもできる人格土台をつくる子育て』
村本邦子・津村薫『子どもの叱り方』
Α悗ょうだいが仲良く育つためのヒント』
『親子でストレスに強くなる方法』


*   *   *


頭ではわかっていても、なかなか私は言葉で伝える事ができません。
短気なんですよね、本当に(苦笑)
声を出して叱るくらいなら、黙っていよう、自分の怒りがおさまるのを待とうとします。
多分、あまりよくない方法だと思います。
そうしてどんどんストレスがたまっていって、ドッカン…みたいな感じであたってしまうのだと思います。
「怒り」は悪い感情ではない、と津村さんは言っていました。
表現してはいけない感情はひとつもない、と。
ただ、「なぜ怒っているのか」という理由をきちんと自分がわかっていること、認めている事も大切だそうです。

なかなか自分の性格や考え方を変えるのは、難しいです。
でも、「こんな人になりたい」という人を1人決めると、自然とその人の雰囲気等に近づいていくそうです。
幸い。
私の周囲には素敵なママさん達がたくさんいます。
皆ニコニコしていて、とても優しくて穏やかな雰囲気たっぷりです。
上手に子どもに注意をしているママさんもいます。
そういった人達を思い浮かべながら、私ももう少し穏やかなママに近づけるよう、頑張りたいです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■託児室は大賑わい・・・

少し遅れて託児室へお迎えに行くと、子ども達に賑やかな声が響き渡っていました。
その中でショウタを探すと…何やら寝ている子の顔を覗き込んでいました。
側にいるのは、ふれあい広場で知り合ったママさんです。
「それなら大丈夫か(笑)」と勝手に判断をして、先に荷物をまとめていました。
お迎えに行こうと振り返った先に、ちょうどショウタがフラフラと歩いてきていました。

「ただいまーありがとー」と抱きしめても、特に可愛らしい反応を見せる事はありませんでした。

うん…まぁ、別にいーんだけどね…。

名札を取って帰ろうとした時、不意に視界の隅っこで激しく泣いている子どもが入りました。
振り向くと、まだ1歳と数カ月という感じの男の子でした。
涙と涎をいっぱいにたらして、大泣きをしていました。
周囲にママさんの姿はなく、スタッフさんもいません。
何だかこのまま通り過ぎるのが可哀想になって、近付きました。


むく「そんなに泣かなくても大丈夫よ。ママはすぐに来るよ」


抱っこをしてあげようかと手を伸ばし掛けた時、不意にスタッフさんの声がしました。


スタッフさん「お母さん、今日○○ちゃんね」

むく「あっ、いえっ、スミマセンっ、お母さんじゃないんですっ」

スタッフ「え?」

むく「あ、あの、激しく泣いていたんで、どうしたのかなと思って…スミマセン」

スタッフ「いえ、こちらこそスミマセン。…ああ、そっか、ショウちゃんのママだったのね。ごめんなさいね」


ママにも名札が必要かな…と、ふと思ったのでした〜(苦笑)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■練習・・・

ショウタを義実家へ預け、一緒にお昼ご飯をいただいた後。
ecoさんのマンションへと向かいました。



これからフェイシャルの練習にお付き合いしてくれる、ドールちゃんです(笑)
ターバンを巻いたり、お顔を触ったり…。
手順を覚えたら、次はパパの顔を借りようかなぁと思っています(笑)

因みにショウタは…これを見た途端に泣きました。
パパが帰宅する前に玄関に置いておこうと思ったのですが、忘れていました。
残念。
面白い反方が見られると思ったのに…(イジワル!?)

手前にあるのはDVDです。
これを見ながらドールちゃんのお顔を触りました。
しかし、途中からレオ君がヤキモチをやいてしまい、パソコンで再生をしながらやりました。

なかなか手順が頭に入っていかず…「自分でこんなにバカだったっけ!?」と焦りました。
同時に。
それだけ脳が退化しているってことですよね…イカンイカン使わなければ!!

やる前は難しそうだなぁ…と思ったのですが、いざぎこちない手つきにしろ、やってみると、意外と面白かったです。
ecoさんや河合店長さんのように、スルスルと出来るようになったら…本当に楽しんだろうなぁと思いました。
毎夜毎夜、頑張ろうと思います!!
(*日中はショウタに邪魔をされるし泣かれると思うのでできません…)


*   *   *



先日ミーティングへ参加した際に、引き取ってきました。


はい。
中身は美肌レッスン用のキットが詰め込まれています。
がんばるぞーっ。
現在。
方々に声をかけています。
実家の方は、めーちゃんのお友達に声をかけてもらっています。

「商品を使ってもらえたら一番嬉しい」

そういう気持ちは、勿論あります。
でも。
今は。
1人でも多くの人の「お肌の状態」を見させてもらいたい、そして勉強をさせてもらいたい、と思っています。
気持ちはあっても、私のそういった言葉が足りなくて、お一人、ちょっと不愉快な思いにさせてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。

なので。
皆さん。
私の「勉強」に、お付き合いいただけたら、本当に本当に助かります。
宜しくお願いします。


*   *   *


時は前後しますが。
「夏祭り」の際にモアちゃんママが来てくださったということで、プレゼントをいただきました。



・・・・・ぶっちゃけ。
すごい内容です。
エンベリエは、つき華・リシアル・イルネージュの更に上のブランドになります。
手前に見えるリクイドだけでも、130mlで31500円(税込)はする商品です。
そのお隣のマッサージは160gで21000円です。
そして。
何よりもすごいのは、一番左上のオーセントクリームです。




50g




105,000円(税込)




本物を一度だけ見せてもらったことがあったようななかったような…。
とにかく、ゴールドのパッケージが神々しいくらい神々しいです。
そのため、サンプルは滅多に市場に出回らないそうです。

そりゃぁそうだ・・・・・。

私には恐れ多すぎて、使うのが怖いですっ!!!!!
ペーペーの私には勿体なさすぎて…e、ecoさぁ〜ん…(泣)
日頃の感謝をこめて受け取ってほしいです。
今度持っていきます。

オーセントだけではなく、エンベリエも同じ気持ちです。
「勉強だと思って使ってごらん」と言うかもしれませんが。
今の私じゃぁあまり感じる事ができないと思うのです。
感じても、それを言葉に表現できなくて…勿体ないのです。

本気で使うのを躊躇うサンプルなんて初めてです・・・・・。

嗚呼ドウシヨウ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■つき華セット・・・

そろそろ基礎化粧品がなくなる頃なので、ecoさんに注文をして、お店へ取りに行きました。
ちょうど16時からのお客様がキャンセルとなってしまい、河合店長さんは「暇してたの〜」という状態でした。

河合店長さんは、喋りも勿論。
顔芸までつくので、いつもどうリアクションしてよいのか悩みます。
「別にいいよ〜」とは言うものの…うまく返せなくて申し訳ないです。
自分のコニュニケーション能力の低さを痛感します。

さて。
つき華を使い切ろうとしていますが。
本音をいうと。
1回使い切ったくらいじゃぁお肌の変化なんてわかんないだろうなーと思っていました。
勿論、それは個人差にもよると思うのですが。

毎日のマッサージ効果のおかげか。
心なしか顎のあたりがスッキリしたように感じます。
そしてお肌の調子は良いです。
生理前なのに、殆どニキビができませんでした。
こめかみのあたりにもよくできていたのが、減りました。
お化粧ノリはバッチリです。
毎日の洗顔が楽しみでしょうがありません。

まさに、「値段以上の効果」を実感中です☆

何度もぐちっちゃいますが。
もっと早くに出会いたかったよぉーーーっ!!!!!
何十万のコースを組むよりうんと効果が実感できるってどうよっ!?

勿論。
人それぞれに拘りがあって、今の商品を使用しているのだと思います。

でも、あまり拘りがない人。
今の物を使っていても、あまり実感がわかない人。
今よりももっと綺麗になりたいと思っている人。

是非一度メナードを使ってもらいたいと思います。


とか言っている半面。
実はSK−兇気になっているんですけどねー(笑)
本当にアレだけで桃井かおりのような肌になれるのかっ!?
トライアルセットが当選するのをとりあえず待っているところです(自分で買う気なし)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

明日は午後からお友達のお家へ行ってきます。
スキンチェックをとらせてもらってきます。
お天気が気になりますけどねぇ…。

育児1歳11カ月2週5日目/ママ友ランチ会。

JUGEMテーマ:子どもとランチ
 
今朝。
ゴッキーが出没するよりも恐ろしい出来事がありました。
思わず悲鳴をあげたら、パパがワタワタと駆けつけてきました。


パパ「ナニゴト!?」

むく「あぁ〜…あぁ〜…あぁ〜…(涙)」

パパ「えっ、だからナニっ!?」

むく「い…いっしゅうかんぶん〜・・・・・」

パパ「…一週間分?」




むく「洗顔料一週間分が落ちたのぉ〜〜〜〜〜っ!!!!!」




そうなのです。
現在。
私はメナードの“つき華”を使用しています。
そろそろ残りも少なくなってきました。
逆さ(出てくる方を下)にして、ちょっと容器の上の方を押したら、ぷにゅぅ〜…と思った以上の量が出て来てしまいました。
アホな事に、その時左手を受け皿代わりに添えていなかったので、全てが下に設置した桶(水が入っています)に落ちていってしまったのです。
だからって、ザーッと流すなんてう心底勿体ない事は出来ませんっ。
どうしようどうしようと考えて…。


そうだ、このまま泡立てればいいんだっ☆


という事を思いつきました。
洗顔料に気をつけながら、水を少しずつ流していきました。
ギリギリのところまで流し、イッキに泡立てをしました。
桶が大きいので少しやりにくい感じもありましたが、すぐにモコモコの泡が出来上がりました。

さすがは1週間分。

顔が何回も洗えるよというくらいの量でした(涙)
流すのは勿体ないので、そのまま両腕を洗い。
その後、両足を洗い…使い切りました。

朝からショックな出来事でしたが、「前向き」に変換すれば。
朝からリッチな泡で洗っちゃったよ☆という感じでしょうか。

嗚呼でも本当にこれからは気を付けようと心底思ったのでした〜…。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■検査結果・・・

昨晩、産院から電話がかかってきました。
一体、何の用件なのか、サッパリ一つも思い当る事はありませんでした。
間違い電話かな〜…なんて思いながら出てみると。


「検査結果がこちらにあるので取りに来てください」


との事でした。
「検査結果が」という部分を聞いた瞬間。


「実はとっても悪かったんです。お伝えするのを間違えました」とか。
そういった類の内容が、脳裏をチラリと過りました。
しかし。
その後に続いたのは、「取りに来てください」でした。
正直。
拍子抜けしました。
同時に。
検査を受けたのは5月で、その1週間後にきちんと結果を聞きに行っています。
「異常なし」の言葉を聞いています。
渡し忘れたのはそっちだろう…という憤りを、電話を切ってから思いました。
しかし、「取りに行きます」と言ってしまった手前、行かなければいけません。

メンドクサイなぁ…と思いながら、9時に行きました。

まぁ。
勿論。
何度見ても「異常なし」なんですけどね(笑)
相変わらず、あそのこ産院の受付さん達は抜けているな〜愛想がないなぁ〜気遣いが足りないなぁ〜と思いながら、帰ってきたのでした〜。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■ママ友ランチ会・・・

折角【のりみわわさん】が帰省しているのだから。
皆を集めてランチをしよう!!…という事で、今回が3回目くらいになるでしょうか。
お家の近くにある【蒸屋 どど】に予約をしました。

こっちへ引っ越してきた頃に一度だけ、夜に行った事があります。
昼間のランチが美味しいよ〜と聞いていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。
そうこうしているうちにちょっと改装して、メニューも変わった…のかな?
お子様メニューがあると、ダイゴ君ママが教えてくれたのです。

それは是非とも行ってみなければ!!という事で、行ってみました。

座敷の席を希望したら、2階へ案内されました。
まさかこんな所があったとは!驚きでした。
でも、ほぼ貸し切り状態だったので、子供たちを自由に遊ばせる事ができました。
なので、「皆でランチをしたいな〜」と思っているママさん達は、早めに予約をする事をオススメします☆
多分…20人くらいは入れると思います。


*   *   *


一昨日前同様。
のりみわわさん&娘ちゃんをお迎えに行き、お店へ向かいました。
5分前くらいに到着をしました。
まだ看板が準備中だったので、車の中で待っていると…横に白い車が停まりました。
モアちゃん親子です。
ほどなくしてリオちゃん親子の姿が見えました。

お店の中へ入ってから、ダイゴ君親子とヨシノちゃん親子が上ってきました。

こんなふうに皆が揃う姿は(かなり)久しぶりに見ました。
ええ。
まぁ。
学研教室を振り返ればいいんですけどね…(年に振り替えられる回数も決まっています)


皆それぞれにおっきくなっていました♪
「赤ちゃんの頃」を知っているので、尚更「成長したなぁ〜!!」と思ってしまいます。
特に我が家のパパはこういった場所でしか最近は会えないので、尚更強く思ったそうです。

そして、それぞれに玩具を持参していました(えらいです☆)
私もそういった物を鞄に常備しておかなければなぁ…と思う反面。
かさばるし重くなるしメンドクサイなぁ…なんとかなるか〜で、なんとかやっています(笑)
なので今回は、皆の玩具を貸してもらって遊んでいました。


*   *   *


料理の写真を撮り忘れたのですが…。
皆、ランチ御膳(882円)と、お子様セット(420円)を注文しました。
値段のわりにはボリュームがあって、満足な内容でした。
ショウタもパクパクと食べていました。
勿論。
私達のご飯も奪っていました。
そして、モアちゃんとリオちゃんに、「あーん」なんて食べさせてもらっていたし…。

とってもとっても可愛い姿でしたっ!!!!!
でも。
ちょっと「餌付け」のようにも見えたのは、きっとショウタが口を開けて待っていたからでしょうね(苦笑)

「ショウちゃんいっぱい食べてるけど大丈夫っ!?」

と心配されましたが…。
ええ。
大丈夫です。
お腹は強いようです(パパと違って)
今まで酷い腹痛は起こした事がありません。
何となく便が緩いなぁ〜というのはありますが、本人は痛がっている様子がありません。
なので、多分、「お腹が痛くなるよ!」と言ってもわからないと思います(苦笑)

一体。
どれだけ食べれば満腹になるのやら・・・・・。


*   *   *


11時の予約で入って、13時頃までいました。
あっと言う間の2時間です。
とぉーっても賑やかく過ごさせていただきました。
ありがとうございました♪

なかなか皆と遊ぶ機会がないので、何か計画したいです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

帰宅後。
ショウタは軽く寝て、起きました。
そして、ミサキちゃんから頂いた「ちょっと早い誕生日プレゼント」で遊び始めました♪
素敵な物を、本当に本当に、ありがとうございました!!
毎日楽しく遊ばせていただきます!!


明日はいよいよ子育てセミナーCの_麑椶任后
これから5回に渡って聞いてきます。
勿論、ショウタは託児室で預かってもらいます。
「元気いっぱい遊んでおいで〜」といった感じでしょうか(笑)
私も私で、集中して聞いてきます!!

ちょっと早い誕生日プレゼント☆

JUGEMテーマ:Happy Birthday !
 
のりみわわさん】から、ショウタへ。
ちょっと早い誕生日プレゼントをいただきました☆



『きかんしゃトーマス おはなしパズル ステップ2 3才〜5才』というものです。
おはなしパズル ステップ2き...

おはなしパズル ステップ2き...
価格:623円(税込、送料別)

他にも入門編とステップ1があります↓↓↓
おはなしパズル 入門編きか...

おはなしパズル 入門編きか...
価格:623円(税込、送料別)

おはなしパズル ステップ1き...

おはなしパズル ステップ1き...
価格:623円(税込、送料別)

面白そうなので、見つけたら購入してみようかな〜と思いました。
…というのも、私はパズルが苦手です。
パパは「得意」とまではいきませんが、嫌いではありません。

そんなふうなので、玩具にパズルを…というのを、全くもって考えませんでした。
いけませんね〜。
「親が食べない食材は子供も食べない」ってやつと同じですよね(苦笑)
周囲の話を聞くと、意外と皆パズルができる様子!!
これは頑張ってショウタにもやらせてみなければっ!?と思いました。
手先を使うのと同時に、「カタチ」も考えなければいけませんからね。
ちょっとは「カタチ」に強い子になってほしいです。

私は全然ダメダメなので〜…。


さて。
頂いたパズルを開いてみると…。



“おはなし”が付いていて、とぉーっても面白い物でした!
これならショウタも飽きる事はないでしょう♪

のりみわわさん。
本当に、素敵なプレゼントを、ありがとうございました!
大切に楽しく遊ばせていただきます!!

<< | 2/34PAGES | >>

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
赤ちゃん何歳?
by e-育児
**selected entries**
**categories**
**archives**

**search this site.**

**profile**
**others** **mobile**
qrcode
**powered**
無料ブログ作成サービス JUGEM
**PR**