| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

Make my day〜家事、子育て、お仕事に大奮闘!!〜


*9月*
『本好きの下剋上』新刊発売!!劇場版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公開月!!年休でどちらも堪能します(*^_^*)
思いがけず夏休み・・・て目最終日。

JUGEMテーマ:男の子育児

 

今朝は、とある理由により、夫から長男へ特大の雷が落とされました。

こちらも身が竦むような雷にも関わらず、次男は平気な顔で朝食を取っていました。

 

 

「…hiroは怖くないの?」

 

 

そぉっと訊ねてみると、「何が?」という感じに首を傾げました。

 

 

「怖いならギュゥしようか?」

 

 

そこで彼の中の天秤が、「ギュゥ」に傾いたようです。

急に、作り笑顔ならぬ、「作り泣き顔」を浮かべて、私に抱きついてきました。

本気で泣き顔になるわけではなく、明らかに「ちょっと泣きべそ顔を浮かべてみた」程度です。

 

こやつ、なかなかの役者っぷりだな…と思わず笑ってしまった朝でした〜。

 

------------------------------------------------------------

 

■役者っぷりな出来事・・・

 

hiroはジブリ映画が好きです。

今年に入ってからは特に、『となりのトトロ』がお気に入りです。

鼓隊演奏で『さんぽ』を演奏するのが、大きな理由だと思われます。

何回もDVDを見ているせいか。

思い出したように、「あっ、まっくろくろすけ〜」と言ってみたり。

「ない!ない!なーい!あったーっ!!」と、階段探しをやってみたり。

1人でシーンの再現をやって、遊んでいます。

 

コロナ渦じゃなかったら、hiroも「モノハタメシ」で子役事務所のオーディションを受けさせるのにな〜…。

まぁ、長男の時ほどhiroは喋らないので、不合格でしょうけどね(@_@;)

 

------------------------------------------------------

 

■アニメ『炎炎ノ消防隊』・・・

 

ユーチューブで1期分がアップされていたので見ました。

なかなかもって、色々と闇が深いアニメでした。

それでも緩急がしっかりついているので、飽きずに見ていられます。

特にアーサーとか…あんなにもおバカさんキャラだとは思いませんでした。

大好きな智一さんの役が、ああいう役だったことに驚きました。

そりゃぁ2期になっても登場しないわけだと納得。

あの役は智一さんだから出来たはまり役だと思います。

狂気なのにそれをうまく熱血に変換しているあたり、さすがです☆

 

これからどうなっていくのか、ますます楽しみです!!

 

------------------------------------------------------

 

■アクセス数・・・

 

昨日はここ最近では最高の数値を叩きだしました。

驚きました。

一体何がそんなにヒットしたのかわかりません。

アドレス元を見ると、意外な記事が上がっていて驚きました。

微妙にひっかかりを覚えなくもないですが…。

 

読んでくださる方がいるだけで、ありがたいです(^u^)

 

------------------------------------------------------

 

■午前中じゃなくて午後にしておけば良かった件・・・

 

眼科です。

今月は定期検診の月です。

2か月に1回行っています。

以前、予定が合わずにサボって翌月に行ったら、静かに静かに遠回し遠回しに注意を受けました。

それ以来、真面目に通っています。

 

大体、月曜日の午前診で行く事が多いです。

それ以外だと、週の真ん中辺りの午後とか。

比較的、午前よりも午後の方が空いている気がしますが。

用事は午前中に済ませた方が気楽です。

 

ネット予約はやっていなくて、受け付け順です。

そのため、開院時間よりも早くに行って並びます。

今日も普段通り、30分前に到着したのですが…。

 

 

 

 

ひーっ・・・・・((+_+))

 

 

 

 

そのまま回れ右して帰れば良かったと、後悔しました。

まず、並んでいる人の数が半端なかったです!!

普段は病院の自動扉から壁伝いに一列くらいです。

それがそのまま壁を伝って伝って駐車場の柵にまで伸びていたのです!!

当然、駐車場は満車状態です。

幸い、私は隅っこに停める事ができました。

ただ。

ここはある意味「鬼門」でした。

 

病院の駐車場は広くありません。

L字型につくられていて、角を曲がったら最後、突き当たりです。

抜け道はないです。

そのL字の曲がり角に停めたので、後続車がそのまま突き当たりまで突っ込んで止めて…最後。

 

 

出られなくなりました(;一_一)

 

 

正確には、曲がろうと思えば曲がれたのですが、ここを出たら最後、二度と戻ってこられなくなる恐れがありました。

事実。

私が帰る11時前後もまだまだ駐車場は混雑していて、尚且つ、入口を塞がれる勢いでした。

これはまた後でお話しますね。

 

こんなに混雑している様子は初めて見ました。

月初だからなのか。

お盆を控えているからなのか。

はたまた両方が原因なのか…は、わかりませんが。

こんなふうに駐車場問題を抱えるくらいなら、先日行った病院の方がまだいいのかもしれません。

少なくとも「駐車場」は周辺にいっぱいありますからね(時間制限ありだけど)

 

受付をすると、院内は人数制限があるため、車で待機することになりました。

こういう日に限って、お茶も食糧も団扇も本も持ってきていませんでした(;_;)

干からびたら困るので、近くのコンビニへ行きました。

そこでお茶のペットボトルと、ちょこっとのお菓子を購入しました。

 

 

「本持って来れば良かった…」

 

 

思わずマスクの隙間から本音がダダ漏れしてしまったほど、後悔したのは初めてでした。

どんな時でも鞄には単行本を忍ばせようと心に誓った瞬間でもありました☆

 

車に戻って、とりあえずトランクの扉と、後部座席の扉、運転席の扉…と、開けられるだけ開けました。

その際に、左側に留まっていた、人の良さそうなおじさんと少しお喋りをしました。

小柄で、ふわふわした白髪だけど、きびきびと動く人でした。

駐車場が混雑し始めると、自分から交通整理を行っていました。

こういう親切な人がいるから、ここは専門の人(交通整理の人)を雇わないのかもしれない…と、少しばかり複雑な気持ちになりました。

 

さて。

そっから1時間。

車内で過ごしました。

幸い、今日は曇り空で少しだけひんやりとした風も吹いてきました。

汗だくになって死にそうな目に遭う…ということだけは回避できました。

 

私は11時くらいまで待つ気合でいたのですが、10時過ぎには院内へ呼んでもらえました。

因みにお隣のおじさんは、もう少し前に呼び出されていました。

院内は当然の事ながら空調が効いていて、快適でした。

ただ、どうしたってお隣同士の距離が近くなってしまうのが、些か心配でした。

マスクをしているとはいえ…です。

今後もこういった心配とか恐怖とかを心に棲まわせながら日常を送らなければいけないのか…と思うと、気が重くなってきます。

一日でも早く終息することを、願っています。

 

待ち時間に対して、診察時間の短いこと短いこと・・・・・。

1分も経っていないと思います。

通り一遍という感じです。

まぁ、あれだけの人数を捌かなければいけないので、しかたないのかもしれません。

 

特に異常はなく。

眼圧も数日前のそれと同じくらいの数値でした。

 

お会計までは少し待ちましたが、それでも11時過ぎには終わったので、ラッキーでした。

 

ラッキーだったけど。

 

 

 

 

駐車場がすっごいことになってるよー・・・・・。

 

 

 

 

どうしよう…と考えていると、お隣のおじさんが近寄ってきました。

 

 

「おっちゃんが先に出るから、その後についといで。そしたら出られるから」

 

 

俺に任せとけ!くらいのピカピカの笑顔で言われました。

こういう好意は素直に受け取ることにしています。

私も負けずとピッカピッカの笑顔で「ありがとうございます!宜しくお願いします!!」と言って付いて行くことにしました。

 

 

しかし。

 

 

そうは問屋が卸さないってこういうことを言うのでしょうか。

 

 

おじさんの車は軽自動車です。

あまり見ない外見でした。

対する私は普通自動車です。

当然、車幅が違います。

軽なら通れるだろうけど私のはちょっと…という感じで、途中で停止を余儀なくされました。

おじさんの車はそのままスル〜ッと抜けて道路に出られたので、その勇士を見送る事ができて良かったと思いました。

さぁ、ここからは自分の腕の見せどころです。

 

状況としましては。

 

端に2台並んでいる車の間を通る…ということなのですが、その間が狭いのです。

両者がもう少し端に寄ってくれればかろうじて通れるのですが…。

相手はどちらも年配の…おじいちゃん・おばあちゃんと呼ばれる年齢に見えました。

申し訳ないですが、どちらも咄嗟の判断が鈍くなるお年頃かと思われます。

三つ巴状態になり、さてどうしようか…と悩んだのですが。

 

 

多分、行ける。

 

 

そんなほっそいほっそい糸のような直感があったので、おそるおそる進んでみました。

 

 

通れたーっ!!!これで帰れるよヤッホイ!!

 

 

と思ったら、更に2台が立ちはだかるしーっ!!!!(-"-)

 

 

左斜め向かいには、70代くらいのおばあちゃんが。

右斜め向かいには、これまた70代くらいのおじいちゃんが…でも、こちらは黒塗りのそれなりに高級車に乗っていて、ちょっと体格が良くて、ちょっと強面的な雰囲気でした。

先にシートベルトを外して降りてきたのは、おじいちゃんの方でした。

 

 

やだー…何か言われちゃうのかしらー…と、ドキドキしながら私も降りて近寄りました。

年配者を降ろしておきながらこっちが乗ったままというのは、些か失礼かなと思ったからです。

恐る恐る近寄って、目元だけは笑顔にして、「どうしましょう?」と声をかけました。

おじいちゃんは別段怒っているふうもなく、私の左斜め向かいにいた車にもう少し端に寄って、もう少し前に進むように指示を出しました。

私は私で、実は右斜め後ろの…枠内に駐車していた車が出るために、少し頭を出していたのです。

それを一旦下げてもらうように声をかけました。

 

こうして通り道が確保できました。

 

「ありがとうございます!!」と方々の運転手さんに頭を下げて、乗り込み…ようやく駐車場から出る事に成功しました。

 

 

 

 

・・・・・はぁーっ・・・・・('_')

 

 

 

 

皆良い人達で良かった…。

下手をしたら怒鳴り出す人もいますからね。

「あぁ?何で動かなきゃなんねーんだよ、お前がさっさとどけよ」とかなんとか…。

いえ、そんな事を言われた事はないですが、似たような経験ならありました。

ああいう時は何をされるか分からないので、車から絶対に降りちゃいけない…と、後から知人に諭されました。

みなさんも気を付けてください。

 

あ。

 

視野検査は次回でした(笑)

頑張ります。

 

------------------------------------------------------

 

明日は遅番出勤です。

月初作業も残っていると思うので、頭をフル回転させて処理してこようと思います!!

|12:19| 育児・hiro(5歳) | - | - | posted by 夢空むく -
スポンサーサイト
|12:19| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.