JUGEMテーマ:男の子育児

 

今日は、hiroの初めての運動会でした。

年中さん、年長さん達が一生懸命に作ったであろうテルテル坊主のおかげで、ピッカピッカの晴れとなりました。

太陽がカンカン照り…というような気候ではありませんでしたが、それでもジリジリと焼けるような暑さはありました。

幸い、場所取りの際に日陰を確保できたので、あまり汗をかかずに過ごす事ができました。

 

しかし。

 

楽しいばかりの運動会ではなかったのです・・・・・(;_;)

 

------------------------------------------------------------

 

■練習の時から機嫌が悪かったそうです・・・

 

夏休み明け頃から、hiroは毎日のように体操服を着用して登園しました。

園便りには、「動きやすい服装」ということで、体操服を指定するような記述はありませんでした。

そのせいか。

運動会の練習が始まっているであろう時期でも、普段と変わらない服装で登園する園児さんが殆どでした。

そんな中、同じクラスのK君ママから「体操服仲間になろうよ〜(*^_^*)」と誘われ、着せるようになりました。

hiroは体操服がスッカリ気に入り、休日でも着用するほどでした。

 

しかし。

 

だからって。

 

運動会の練習が楽しいか…というと、そういうわけではなかったのです。

先生曰く。

 

 

「運動会の練習が始まると、(当然のことながら)自由に遊べないし、皆と同じ事をやらなきゃいけない、先生にも甘えられない…hiro君にとっては、寂しくてつまらない時間だったようです。」

 

 

そんなわけで。

先日行われた予行練習でも、出番ギリギリまでは先生に抱っこをしてもらう…という方法で、乗りきったそうです。

 

それを聞いていたので、本番…今日も、そんな感じなのだろうな〜と、予想していました。

できれば的中してほしくなかったのですが、的中も的中。

ど真ん中でした・・・・・(;_;)

 

----------------------------------------------

 

■それでも家では踊りを披露してくれていました・・・

 

運動会当日の1週間前に、ようやく詳細のお便りが届きました。

それを見ると、踊りと、かけっこと、親子競技がありました。

試しに、「踊って見せてよ〜」と言うと、恥ずかしそうにモゾモゾしながら、それでも自分で歌いながら踊ってくれました。

 

 

可愛くって。

 

 

可愛くって。

 

 

可愛くって。

 

 

これが本番で見れたら母は感激のあまり泣いてしまいそうだ…と、心配したほどです(笑)

まぁ。

そんな心配は杞憂で終わったのですけどね・・・・・。

 

----------------------------------------------

 

■運動会の様子がわからない・・・

 

長男の時は。

入園前に運動会の様子を見に行きました。

場所取りは前日の夕方からで、(バス送迎だったので)バスコース毎に区分けされていました。

なので、何となく周囲は見知ったお友達やその保護者の方がいて、何となく安心したのを覚えています。

しかし。

hiroの場合は、入園申し込みの頃には運動会が終わっていました。

そこは私も迂闊だったなと反省する点でした。

なので、運動会の様子が全くわからない状態で今日を迎えました。

とりあえず。

8:20集合でしたが、それよりも30分前くらいに到着しました。

すると、既に正門前にはズラリと列が出来上がっていました。

主にパパの姿が多かったです。

まぁ、正直なところ。

我が家は年少さんだし。

今年は様子見くらいの気持ちでいました。

本気を出すのは、それこそ年長さんになったらかなぁ…と。

 

それでもとりあえず並んで。

場所取りはこの辺りがいいと主人に指示をしておきました。

場所取りの人が入れる門と、園児さん+保護者1人が入れる門が違うからです。

 

時間ぴったりにアナウンスが入りました。

開いた瞬間。

案の定とでもいうのでしょうか。

 

 

ドドドドドーーーッ!!!!と走って行く姿が見えました。

 

 

「あ、うちのじっちゃん走ってるよ。…あ、ばーちゃんも(笑)」

 

 

という、意外さたっぷりの気持ちを含んだ声が、後方から聞こえてきました。

孫のためなら頑張っちゃうのでしょうね。

因みに我が家は両家ともに祖父母が来ませんでした。

周囲を見渡しても、保護者+きょうだい程度だったので、保育園の行事はこんな感じなのかな〜…というのがわかりました。

(長男は幼稚園だったのですが、それこそ両家の祖父母が揃っている姿をちらほらと見かけました)

 

---------------------------------------------

 

■園児席は安心するようです・・・

 

お手洗いを済ませてから、園児席へ預けに行きました。

少しはぐずるのかなぁと思いきや、アッサリと自分の席に座ったので、ほっとしました。

その後も大人しく座っている姿が遠目で確認できました。

今日は機嫌がいいんだ…と安心していたのですが・・・・・。

 

その前に。

 

-----------------------------------------------

 

■年中年長の鼓隊演奏は感動ものでした・・・

 

長男の園は、年長だけが行いました。

しかしここは、年中さんはフラッグを担当して、年長さんが楽器を担当します。

そう。

もう来年から、鼓隊演奏の練習に加わる事になるのです。

 

 

母は今から心配で心配でしかたがありません・・・・・(;_;)

 

 

さいあく、転園しなければいけないかもしれない…というくらい、心配で考え過ぎているほどです。

 

 

園庭には線が引かれていたり、ポンポンが目印でついていたり…というのは勿論ありますが。

それでも先頭になった子達はしっかりと迷わず歩いて行く姿が見られて、とてもかっこよかったです。

演奏も全体的に落ち着いていたし、ハラハラしながら聞く感じはありませんでした。

息もぴったりと合っていて、ああ、たくさん練習をしたのだなぁというのが伝わってきました。

事実。

長男の時に練習風景を何度か見させていただいたのですが、ほんと、先生達は大変です・・・・・。

 

来年、hiroの堂々とした姿が見られる事を信じていようと思います!!

 

---------------------------------------------

 

■さぁいよいよ開会式です・・・

 

入場門から担任の先生を先頭に園庭へ歩いて行きます。

我が子の姿が見えないな〜…と思っていたら、一番最後に抱っこをされて入場しました。

因みにそういう子は、うちの子を含めて2〜3人程度でした。

 

先生曰く。

 

抱っこをされてでも園庭に入って、開会式が終わるまでいられただけで花丸です!!

 

先生はこれくらい広い心でポジティブじゃないとやっていけないんだろうな…と、ただただ感心しました。

 

 

さて。

こういう時に恒例なのは、来賓紹介です。

この園は会社が母体なので、そこの理事長・取り締まり・専務・役員…が、1列目にズラリと並んでいました。

そうしてその後方には、近所の小学校の校長先生、前・園長先生、いつもお世話になっている高齢者クラブさん達…というふうでした。

因みに。

ここの理事長は私の勤務先の理事長も兼任されています。

先日も拝見したばかりなので、顔を覚える良い機会になりました(笑)

 

---------------------------------------------

 

■退場後に様子を見に行きました・・・

 

私の顔を見れば少しは落ち着くのかなぁ…でも、先生達はプロだし、邪魔しちゃ悪いかなぁ…等など。

迷ったのですが、園児席へ近づいてみました。

すると担任の先生が私に気付いてくださって、近寄って来ました。

 

 

「園児席に戻ったら落ち着いたようです、大丈夫ですよ」

 

 

そうかそうか、それなら大丈夫か〜…と安心して、hiroの顔は見ずに席戻りました。

 

-----------------------------------------------

 

■他人の一声が響く時もある・・・

 

乳児さんの可愛い親子競技の後、いよいよ年少さんのかけっこ競技となりました。

 

 

しかし。

 

 

先生に抱っこをされ、ギャーギャーと騒がしく入場してきた、hiro。

あ〜…この調子じゃぁかけっこどころじゃないかもしれないな〜さいあく、先生に抱っこをされて走るのかしら…等と心配していたら。

ちょうど一緒に見ていたママ友のKさんがhiroの顔を見つけて、「hiro君頑張れ!!」と元気な声をかけてくれました。

すると。

一瞬ビックリしたような顔をして、それから恥ずかしそうににこぉっと笑いました。

勿論。

先生達はその瞬間を見逃しませんでした。

「今なら走れるかもしれない」という声が聞こえ、スタートラインに誘導しました。

数名が並び、先生に名前を呼んでもらい、元気に返事をしてスタート…という流れです。

 

 

「夢空hiro君!」

 

 

「はいっ!!」

 

 

元気な声が響きました!!!!!

スタートの合図と共に、ビューンッといつもの調子で走り、担任の先生の腕の中へ吸い込まれていきました。

 

 

母。

 

 

大感激ですっ!!!!!

 

 

そして、Kさんにも大感謝ですっ!!!!!

 

 

キッチリ録画もできたし。

写真も撮れたし。

例えこの後のダンスが全く出来なくても、母はもういいや…という広い心持になれたのでした〜(笑)

 

---------------------------------------------

 

■全部が嫌・・・

 

ダンスの後は親子競技となります。

そのため、待機場所で他の保護者の方達と一緒に待っていると…M先生に連れられたhiroがやってきました。

えんえんと大泣きしています。

M先生は困ったような表情で、「すみません。とりあえず、お母さんぎゅぅってしてもらって頑張ろうね…って言って連れて来たんです」と言いました。

そうか、そんなことならいくらでもぎゅぅぎゅぅするよ〜…という気持ちで、抱っこをしました。

涙はなんとか落ち着いたものの、ダンスで必要なお面とリボンをつけようとしませんでした。

あの手この手で何とか誘導したのですが、結局だめでした。

ま〜いいわ〜と思い、先生にもその事を伝えた頃に、出番となりました。

ぎゃーぎゃー言いながら、先生の抱っこで連れて行かれました。

 

ああ…ダンス無理だなこれは・・・・・。

 

踊らない、くらいならまだ可愛いと思うのです。

しかしhiroの場合は、脱走しようと試みたり、暴れたりしていたのです。

最終、私のところへ走ってきました。

その頃には次の親子競技へと移行するタイミングだったので、先生達が追いかけてくる事はありませんでした。

 

母としては、皆で可愛く踊っている姿をカメラに収めたかったのですけどね…。

 

代わりに、帰宅後に踊ってくれたので、それでヨシにしました(笑)

 

因みに親子競技は、子供が保護者の足の上に乗って手を繋ぎ、ペンギンのように歩きながらボールを拾ってゴールする…というものです。

一応家で練習をしたのですが、ちょっと息が合わずに何度もやり直してしまいました。

それでも無事にボールを掴み、ゴールできたので良かったです。

 

 

これで、年少さんの出番は終了です。

あとはいくつかの競技を見て、閉会式となります。

もうここまできたら、閉会式でぐずろうが喚こうがいいや〜くらいの気分でいました。

 

----------------------------------------------

 

■閉会式・・・

 

整理体操として親子でやる場面がありました。

嫌だろうな〜と思ったら、意外と一緒になって身体を動かしてくれたので良かったです。

そうして何とか無事に終わった後、担任の先生がたくさん褒めてくれました。

つくづく、先生達はフォローが上手いなぁ…と感心するばかりでした。

勿論それは子供に対してだけではなく、親に対しても同様でした。

hiro君はこんな気持ちだったのかなぁと思うのですが、それでも最後まできちんと出来たのは偉いです、すごいです…という感じで、その言葉の裏には、決して怒らないであげてください、非難しないであげてください…という気持ちが多分に込められているのを感じました。

 

 

大丈夫です。

 

 

冒頭にも書いた通り。

練習の時から嫌だったのなら、本番はもっと嫌だったと思います。

特に、園庭を囲むようにたくさんの人達がいて、そりゃぁ緊張だってすると思います。

人生初の運動会だったしね。

なので、怪我をせず、無事に終われただけで花丸だと思っています。

 

 

欲張るなら。

 

 

来年は元気に動いている姿が見たいなぁ…と思っています(^_^;)

 

----------------------------------------------

 

半日でしたが、それでも何だか疲れました。

明日は勤務時間が長いので、頑張ってきます!!

  • -
  • 18:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

赤ちゃん何歳?

by e-育児

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM