3歳4ヶ月29日目/子育て支援センターで遊びました。

0

    JUGEMテーマ:師走を走る

     

    最大寒波到来…と言われていますね。

    実際。

    今朝、朝刊を取りに外へ出た際、空気がキンッと冷えていました。

    最低気温はマイナスで、最高気温は一桁…。

     

     

    極暖の出番かしら!?

     

     

    しかし、残念ながら極暖は持っていません(^_^;)

    超極暖に関しては、もう、何だか、肌着じゃなくて長袖のTシャツのように思えます。

    あれを着たら着膨れ間違いなし!!と思っているので、購入していません。

     

     

    「ね〜、雪って降るの〜?」

     

     

    長男が訊いてきました。

    私の住む地域では、殆ど降りません。

    降っても、雪用タイヤは必要ないくらいで、すぐに溶けます。

    降られて困るのは大人だけですね・・・・・。

     

    ----------------------------------------------

     

    ■子育て支援センターで遊びました・・・

     

    家から車で20分弱くらいの距離にあります。

    遠いわけではないのですが、足が遠のきます…。

     

    理由ー屬嚢圓と、駐車場の無料時間が3時間までだから。

     

    10時から入れるのですが。

    遊んで、お昼ごはんを食べたら、もう帰らなきゃ…というふうになります。

    勿論。

    延長はできます(30分単位で、数百円程度加算されていきます)。

    裏技としては、一旦駐車場を出て、再入場する方法です。

    しかし。

    だからって、すぐに駐車場の空きが見つかるかは定かではありません。

    特に今日のような年末は、出庫する際にも時間がかかりました(@_@;)

     

     

    理由∋笋一人でhiroを連れて行くと、お手洗いに行けなくなります&hiroのトイレが心配です。

     

    一応、スタッフの方がいらっしゃるので、その方に預けて行く事はできます。

    だけど。

    なかなかそのタイミングが計れません・・・・・。

    なので今日は、出発前にお手洗いに行って、そこから3時間半は行けませんでした(;_;)

    「行きたいな〜…でも、もうちょっと我慢できるな〜」程度だったので良かったです(笑)

    因みにhiroは、家と園以外のお手洗いを拒否します。

    今日も何度訊いた事か…。

    帰宅して、慌ててトイレに駆け込む姿を見ました。

     

    意識してか無意識か。

    外へ出ると、あまり水分を摂りたがりません。

    今日も、大好きな野菜生活のパックジュースを飲み干す事はなく、1/4程度飲んで「いらない」と言われました。

    代わりに、家に着いてから飲んでいました(^_^;)

     

     

    理由この時期は風邪とかインフルとかが心配なので、極力、人が多い場所は避けています。

     

    10時に開いた時点では、それほど親子の数は多くありませんでした。

    しかし。

    時間が過ぎる毎に、それこそ、ひっきりなしに親子が入ってきました。

    あ〜皆、行く場所がないんだな〜と思いました。

     

    事実。

     

    私の住む市は、地域毎に小さな空き地のような「広場」があります。

    だけど、お手洗いは汚いし、遊具と呼べるような物は殆どありません。

    子供を遊ばせて楽しめるような場所が「ない」と言っても、過言ではありません。

    代わりに、こういった施設はあるのですが。

    車じゃないと行けないというのが、面倒です。

    自転車とか。

    それこそ、子供は三輪車で親は徒歩で…といったふうに、気軽に行ける場所がもっとたくさんあればいいのになぁと、つくづく思います。

     

     

    そんなわけで。

     

     

    長男と次男が一緒に居る日は、一日中、賑やかで喧嘩が絶えません。

    私の精神がもたないので、hiroを連れて出かけました。

    一応長男も誘いましたが、家で一人で居る方が気楽ですよね。

    お留守番できる年齢だと思っているので、おいて行きました。

     

     

    *   *   *

     

     

    今日行った施設は、秋頃にリニューアルオープンしました。

    以前もなかなか遊べる場所ではあったのですが、今回は地元の木をふんだんに使用したと言われる内装や玩具になっていました。

    hiroは、最初こそ何だか戸惑った様子でしたが、ほどなくして、色々と手を出して遊ぶようになりました。

    特に気に入った様子だったのは、ぐるりと壁に沿って作られている遊具でした。

    トンネルの中を滑り台のような坂道があって、それを上ったり滑ったり…という、ごくごく単純な物です。

    最初こそ、その滑り台のような所を登れずに、ツルンッと滑っていました。

    だけど、コツを掴めたのか。

    5分も経たないうちに、自力で登って行けるようになりました。

    他にも、自分の足を精一杯伸ばしてようやく登れるような段差にも、何回かチャレンジしているうちにスムーズに登れるようになっていました。

     

    そして。

     

    5分間の間に2周前後をこなす程、早くなっていました。

    それを少なくとも…10周弱は楽しんでいたと思います。

    あれだけ動けばいい運動だろう…と思いながら眺めていました。

     

    それに飽きると、今度は赤ちゃんゾーンへ移動して、ボールプールのような場所でゴロゴロと寝転がって楽しんでいました。

     

    途中で大型絵本の読み聞かせもあり、近くまで寄る事はなかったのですが、声の聞こえる範囲に立って、時折絵本の方を眺めながら聞いていました。

     

    それが一区切りついた、11時過ぎ頃。

     

     

    「おにぎり食べよう」

     

     

    と誘いました。

    意外と素直に頷いたので、外の見える飲食スペースへ移動しました。

    以前はこちら側に就労支援相談室…みたいな名称の施設が入っており、外は全く見えない状態でした。

    それが別の場所へ移動したので、特に今日のような青空が見える日は、とても気持ちがいいなと思いました。

    その窓側は座敷のようになっていて、丸いテーブルと座布団が置いてあります。

    そこで食べようと思ったのですが、意外と埋まっていた事と。

    hiroが、(ここまでの移動で使用していた)車型のカートから降りるのを拒否したので、手近なテーブル席を利用する事にしました。

     

    行く途中に購入したおにぎり3つと、「食べる!!」と言い張ったパイナップルをテーブルに出しました。

    本当はこれにプラスしてパンもあったのですが、到着してから開くまでに時間があったので、その間に食べてしまいました(笑)

     

    hiroはおにぎりに目を向ける事はなく、真っ先にパイナップルが欲しいと言いました。

    スーパーで売っているパックの物です。

    それなりの量があったと思うのですが。

    ペロッと一人で食べてしまいました(私も食べたかった…)

    しかたがないので、おにぎり3つ(昆布、ツナマヨ、鮭)を食べました。

    まさに、昨日のブログで紹介した、うめぼしくんのお家に訊ねてくる具材さん達です(笑)

    そんな事を思い出しながら、久しぶりにこういうおにぎりを食べたな、と思いました。

    普段は、やっぱり、おにぎりくらいなら自分で握って持っていくからです。

     

    実は。

    今日は、本当は外出する予定はなかったのです。

    だけど。

    朝から兄弟喧嘩が激しかったし、私も私で、子供達がいても出来る事は限られてくるので、「出かけよう!!!!」となったのです。

    本当なら夕方頃まで遊びたい気持ちだったのですが…。

     

    駐車料金とかね。

    私自身が飽きてくる事とかね。

    あと。

    帰るタイミングを逃すと、hiroの「いやぁぁぁぁぁっ!!まだ遊ぶのぉーーーーーっ!!!」という絶叫が響き渡る事になります。

    それは避けたかったので、本人の気があるうちに帰ろうとなりました。

     

    結果。

     

    無料駐車時間内に出庫する事ができました。

     

    年内は、今日までとなります。

    年始は、4日からだそうです。

    因みに、私は仕事始めです。

     

    年末年始を実感した、瞬間でした〜。

     

    ----------------------------------------------

     

    ■こういう本に就活中に出会いたかった・・・

     

    図書館で借りました。

    タイトルもそうですが、著者に惹かれたからです。

     

     

     

    中谷先生の作品は、10冊以上は読んでいると思います。

    本当に幅広い分野の事を書かれているし、とてもわかりやすい内容で、あっという間に読めるのも好きな理由です。

    ただ。

    あまりに短期間に集中して読んだので、ちょっと飽きたというか…。

    「あ〜暫くは読まなくてもいいかな〜」となってしまいました(^_^;)

     

    興味のある方は、手にとってみてください。

    必ず一冊は、今の自分にぴったり!と思える本に出会えると思います。

     

     

    1/3程度読み進めました。

    この本に学生時代に出会っていれば、もうちょっと就活を頑張れただろうになぁ…と思いました(^_^;)

    大雑把な言葉でまとめると。

     

     

    就活中の出来事全てに意味があって、後々の人生に十分に役立つ事ばかりだ。

     

     

    という事が書かれています。

    言われてみればそうかもしれないな〜…と、いくつかの出来事を思い出して納得しました。

    私はそこの部分の経験値が、おそらく人より少ないです。

    もっといえば、社会人としての、会社の組織の一員としての経験値においては、ゼロに等しいです。

     

    そんな人間が今頃、就活をしているんだもんな〜・・・・・(;一_一)

     

    何だか複雑です。

     

    ----------------------------------------------

     

    ■荷物の行方・・・

     

    昨夕、通販サイトで購入した商品が届きました。

    業者さんは、メインカラーは青であろう、あそこです。

    前回は学生さん風情の、おそらくはバイトであろう、男性でした。

    今回は。

    同じ年代であろう、恰幅のいい男性でした。

    案の定。

    「家の場所がわからないので教えてください」と電話がかかってきました。

    下から目線…というのでしょうか。

    とても丁寧な口調だったし、こちらも半ば諦めた感があるので、丁寧にお伝えしました。

     

    それから5分後くらいに、やってきました。

     

    荷物を受け取って、「じゃぁ、ありがとうございました〜!」という感じで背中を向けられたので、慌てて呼び止めました。

     

     

    私「この荷物の集荷って、どうなっているか…わかりますか?」

     

    業者さん「すみません。僕は配送専門なので…。うちで引き取る用の荷物ですか?」

     

    私「そうだと思います。届けてくださったのもそちらですし…。22日の土曜日で指定していたんですが…」

     

    業者さん「え、随分前ですね。うーん…。じゃぁ、とりあえずお預かりします。もしかしたら引き取れない場合もあるかもしれませんが…その場合は、お返ししますが、いいですか?」

     

    私「はい、大丈夫です。宜しくお願いします」

     

     

    ということで、持って行ってくださいました。

     

    まぁ。

    クリスマス前後に加え、年末年始の宅配業者さんは死ぬ程忙しいでしょうからね…。

    多少の「ミス」はあり得ると思います。

    今回の私の場合は、「別にいつでもいいしな〜」というくらい、重要度は低い物でした。

     

    色々言いたい事はありましたが、「ま、いっか」と流す事にしました。

     

    無事に届いて、無事に査定してもらって、無事に入金してもらえたらいいな〜と思います(^◇^)

    *荷物は古本等を取り扱う「買い取り王子」さん宛てです*

     

    ----------------------------------------------

     

    明日のお仕事頑張ってきます!


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.16 Saturday
      • -
      • 18:22
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      赤ちゃん何歳?

      by e-育児

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM