CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
赤ちゃん何歳?
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

Make my day〜家事、子育て、お仕事に大奮闘!!!〜

*7月*
次男の誕生月です(*^_^*)元気にスクスク成長中で嬉しいです。
<< 3歳3ヶ月27日目/お休み1日目。 | main | 3歳3ヶ月29日目/お休み3日目〜耳鼻科を受診しました〜。 >>
3歳3ヶ月28日目/お休み2日目〜インフルエンザの予防接種回目〜。

JUGEMテーマ:予防接種:休日の過ごし方:男の子育児

 

今日は予防接種がありました。

前回同様に、姪っ子のいーちゃんも一緒です。

その事をhiroに告げると、「いーちゃん家、行く?いつ行くの?もう行く?」と。

とにかく早く会いたい一緒に遊びたい!!という気持ちを前面に押し出してきました。

いやいや、予防接種に行くだけだからね…と何度も念押しをしたのですが、伝わりませんでした…(^_^;)

 

とりあえず話題をそらすためために見せました(笑)

 

----------------------------------------------------------

 

■劇場版『おさるのジョージ3』・・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版 おさるのジョージ3/ジャングルへ帰ろう [ ジェフ・ベネット ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/11/26時点)

 

 

 

先日、テレビでやっていたので録画をしました。

すごく好き!!というわけではないのですが、今日みたいな休日に見せてあげようと思ったからです。

意外とくいついて見ていました。

 

最近、土曜日の、車の移動中に見る事が多くなりました。

これもある意味、不思議な話だよな〜と思いました(笑)

そして、頭のいいサルなのですよね?

あれこれやるし、発想が面白いなぁと思っています。

因みに。

園のお友達いのKちゃんは、これが大好きで、始まると動かないそうです(笑)

 

劇場版がやるほど人気なのだなと、改めて知りました。

 

----------------------------------------------------------

 

■お休み2日目〜インフルエンザの予防接種回目〜・・・

 

先週、熱が出たので、今日の接種はどうなるかと思ったのですが…。

とりあえず、熱は下がったし問題ないだろうという事で、打つ事になりました。

今回はhiroのみです。

9歳以上は1回接種でOKだからです。

 

行くと、病院の扉は開いていました。

入ると、先に1組の親子が待っていたので、hiroは2番目となりました。

妹達もそのうちに来るかな〜…と眺めていたら、その20分後くらいに、母と祖母も一緒に連れてきていました。

 

hiroはいーちゃんに会えて、嬉しそうな顔を浮かべました。

 

ほどなくして、診察室へ呼ばれました。

この時点で、「いやーっ」と叫んでいました。

前回はケロッとした顔で終わったのですが、今回は暫くめそめそと泣いていました。

それでも、「いーちゃんが見てるよ、hiroお兄ちゃん」と言うと、チラッとそちらを見て、泣きやみました。

おぉっ、いーちゃん効果!!

 

今年も無事に予防接種が終わって良かったです。

 

----------------------------------------------------------

 

■『人魚の住む家』を読み終えました・・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫) [ 東野圭吾 ]
価格:788円(税込、送料無料) (2018/11/26時点)

 

 

昨晩。

読み終えました。

読み終えてみると、思った程、(読破するのに)時間はかからない本だな、と思いました。
文庫本サイズで、少し厚みがあります。

1頁にびっしりと文字が詰まっています。

時間がかかるかな…と思ったのですが、おそらく、集中して読めば1〜2日で読める内容だと思います。

 

一見すると、専門用語の多い、難しい内容かな、と思いました。

なので、最初に手に取った時は、(読もうかどうしようか)迷いました。

東野圭吾の作品なので、面白いのは間違いないと確信はしていたのですけどね(^_^;)

でも。

読んで良かったです。

特に、「親」である方は、色々と共感したり、考えながら読む事ができると思います。

少なくとも私は、そうでした。

 

ネタバレになりますが。

『脳死』についての物語でした。

一言で『脳死』と言っても、その定義は曖昧なのだとか。

『脳死』を確定するために、脳死判定というものがあります。

それは、死を受け入れる準備時間であり、儀式みたいなものだと、私は捉えました。

これを行う事によって、言葉は悪いですが、諦めがつくのだと思いました。

 

もし、我が子が事故に遭い、二度と目覚めない状態になったら…。

 

心臓は止まっていないけど、自発呼吸は出来なくて、人工呼吸器で呼吸をして、眠っているだけの姿だったら…。

 

脳死判定なんてしたくない、まだこの子は死んでいない!と思うのは当然だろうな…と。

読みながら思いました。

もう目覚めないと、頭の片隅ではわかっていても。

気持ちは。

気持ちとしては、億分の一の奇蹟を信じたい…少しでも何かしてあげたいと思うでしょう。

 

ただ。

 

物語の中でその姿を見ていくと、徐々に違和感を覚えました。

本当にこれで子供はしあわせなのだろうか。

親の自己満足なのではないか、と。

 

その結末がどうなるのか…ただただそれが知りたくて読み進めて行くと、思いの外…いや、ある意味、こういう結末で良かった…と思えるものになっていました。

 

その分。

死とは、脳の死を持って死とするのか。

それとも、心停止をもって死とするのか。

そういった疑問が残りました。

 

そして。

 

これはきっと映画を観ても面白いと思います!!

ハンカチを多めに持って出かけようと思います(笑)

 

----------------------------------------------------------

 

お昼寝をしていないhiroは、夕方頃にスイッチが切れかけました。

慌ててお風呂に入れて、ご飯を食べさせました。

そして。

20時過ぎには寝ました。

最近は私のお布団へ侵入してくるので、湯たんぽ代わりになってあったかいです♪

 

明日も病院です・・・・・(@_@;)

| 育児・hiro(3歳) | 23:59 | - | - | |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | |