Make my day〜家事、子育て、お仕事に大奮闘!!!〜

*8月*
今年は夏祭りも花火大会もないのか…と思うと、少し寂しいですね。お家用花火と西瓜で、夏を感じたいと思います!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1歳2か月22日/食べる事の大切さ。 | main | 1歳4か月23日/サンタクロースに大号泣。 >>

1歳3か月21日/四足歩行から二足歩行になる日。

前回のブログから、ほぼ一か月ぶりとなります。

相変わらず、毎日バタバタしています(~_~;)

その間にも、色々と思う事、考える事、面白いネタ等、たくさんありました。

手帳の片隅にでもメモっておけば、たくさん書く事があるというのに…それすらも出来ない日々です。

お兄ちゃんの時に、毎日のように更新していた自分は、すごいな…と、改めて感心しました(笑)

 

さて。

まずは昨日の出来事からです。

 

-----------------------------------------

 

■学芸会〜高学年の勇姿に感動〜・・・

 

昨日は、入学後、初の学芸会でした!!

どんな様子なのか…ぼんやりとは聞いていました。

実際に行ってみると、やはりすごいですね。

まず、人の多さにビックリです。

 

園の時も、両親+(両家の)祖父母+きょうだい…というふうで、それなりに人数は多かったです。

しかし。

それは小学校も同様です。

特にこの辺りは、祖父母が近くに住んでいたり、同居という家族も多いです。

なので、ちゃぁ〜んと「敬老席」というのが設けられていました☆

 

広い体育館の前方は、「上演中の学年席」。

後方は、自由観覧席とでも表現しましょうか。

パイプ椅子が並べられていました。

 

完全入れ替え制で、上級生の子達が誘導や案内等の係を担っていました。

その姿がまたカッコイイ!!

いずれば我が子もこんなふうに声を上げているのかしら…と、ワクワクした気分で想像してみましたが。

 

 

ちっとも映像が浮かびませんでした(笑)

 

 

むしろ大道具係とかになって、裏で遊んでいそうだな…と思いました(-_-;)

 

 

*   *   *

 

 

〜一方、hiroさんはというと・・・〜

 

 

案の定。

泣きっぱなしでした・・・・・(-_-;)

おやつでご機嫌取りをしようと思っていたのですが、そうそう簡単に懐柔されませんでした。

まず。

体育館へ入る事を強く強く拒否しました。

そのため、体育館外を不審者のようにウロウロしていました。

通る生徒さんや先生方に「可愛い」と言われ、最初は愛想をふりまいていました。

しかし。

徐々に雲行きは怪しくなっていきます。

あちこちに興味があり、あちこちに自由に動き回りたいhiroさん。

ちょっとでも「あっ、そっちはダメ」なんて制限がかかると、ウッキーッ!!と大激怒。

 

結果。

 

眠たさと不自由さと、知らない場所とで、大泣き。

それはもう遠慮なしに泣くのですさまじかったです…。

 

そんな私の姿を不憫に思ったのでしょうね。

外で案内係をしていた生徒さん達が、先生に、私が中で見られるようにできないかな…等、相談してくださったそうです。

相談を受けた先生が私に話してくださいました。

あったかいお話ですよね。

それだけでもう、来て良かったと思いました。

 

他にも、男性の先生がわざわざボールを持ってきてくれました。

 

hiroは。

とりあえず自分がスッキリするまで大泣き&大暴れすれば、少し落ち着きます。

まさに、嵐が過ぎるのをじっと待つ感じです(笑)

そんな最高潮は、お兄ちゃんの出番前でした。

 

 

*   *   *

 

 

〜体育館横で待機するお兄ちゃん達・・・〜

 

 

ちょっとでも、「お母さんは観に来たよ!」「でも、hiroが泣いていて中に入れないんだよ」というアピールをするため(笑)

そして、一目でもお兄ちゃんの姿を見ようと、待っていました。

しかし。

お友達は数人見かけたのですが、お兄ちゃんの姿は見つけられませんでした。

え、うちの子どこに行ったの!?と心配になりましたが。

 

 

ビデオにはきっちり映っていたので、列に紛れていたのでしょうね(~_~;)

 

 

*   *   *

 

 

〜ちょっと出番多いんじゃないかうちの子・・・〜

 

 

小学校の学芸会というものは。

園のそれとは全く違い。

台詞も少なければ、当然出番も少ないよ。

 

…というのが、事前情報でした。

しかし。

何の間違い…いえ、ラッキーでしょうか。

ちょいちょいお兄ちゃんの姿を発見する事ができたのです。

 

私は生でお兄ちゃんの勇姿を見られませんでしたが。

パパがビデオ撮影をしてくれたので、お家でゆっくり見ました。

面白いストーリーでした。

そして、ハッキリとした声と口調、堂々とした姿で壇上にいました。

台詞の内容も、まさに「適役」だな☆とニヤリとしました。

先生、ナイス配役です。

 

1学年全員が登場人物なので、当然、お兄ちゃんと同じ役の子がたくさんいました。

途中、パパは見失っていました(笑)

来年は、もうちょっと上手に撮影できるのかなっ!?と期待しています。

 

 

*   *   *

 

 

〜帰宅後〜

 

hiroが寝るかと思いきや。

パパ、じぃちゃん、ばぁちゃん…と賑やかなため。

夜まで電源は落ちませんでした!

 

一日お疲れ様でした〜!!

 

-----------------------------------------------

 

■お兄ちゃんは実家へ二泊三日のお泊まりへ旅立ちました・・・

 

月曜日が振り替え休日になるので、お兄ちゃん達は三連休です。

なので、「いってきま〜す♪」と言って(私の)実家へ旅立って行きました。

三日間は私とhiroの二人っきりです。(夜にはパパも帰ってくるけど)

あ〜静かで平和だわ〜(笑)

 

そうすると、hiroも落ち着いてお昼寝ができます。

お兄ちゃんがいると、やっぱり何かとザワザワしているからです。

そんなhiroの横で、私も一緒にお昼寝をしたりします。

折角静かなのだから、あれもこれもやりたい…という気持ちはありますが。

 

 

気持ちよりも、睡眠確保が優先!!!!!

 

 

というのが、最近の私です。

未だにhiroは夜泣き&早朝泣きをするのです。

それも可愛らしく、ふぎゃぁ程度ではありません。

マジ泣きの、ぎゃぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!というものです。

特に早朝なんて、下手したら新聞配達の人が心配して通報しちゃうんじゃないかっていうくらいの大音量です(・・;)

 

 

夜泣きは愛情不足の証拠・・・・・

 

 

なんて言われたりするので、ちょっと心が痛いです。

 

そんなわけで、毎日寝不足です。

ちょっとでも寝れる時に身体を休めておかないと、これからの季節、すぐに風邪をひきそうです。

年末年始を有意義に過ごすためにも、健康に気をつけようと思います!!

 

-----------------------------------------------

 

■四足歩行から二足歩行になる日・・・

 

気付けば。

 

 

hiroは歩けるようになりました!!

 

 

といっても。

まだまだ一人っきりで歩くのは、少しの距離です。

殆どは、一緒に手を繋いで歩いています。

それでも。

1歳半健診前に歩けるようになって、ほっとしました。

 

ただ。

その「初歩き」を見たのは、園の担任の先生でした・・・・・。

 

 

うん。

しょうがない。

そして。

毎日、愛情いっぱいに接してくれているのだから、見守ってくれたのが先生で良かったと、むしろ喜ぶべきですよね!!

なんせ。

うちの子が園で最年少且つ、唯一のはいはいっ子なのですから(笑)

これで安心して立ちカートに乗せてお散歩ができるというものです!

 

ちょこっと歩けるようになっただけで。

hiroは随分と悪戯っ子になりました。

そして、今まで以上に我の強い子になった気がします(~_~;)

最近では、帰宅後に車→玄関扉まで歩くのが日課になりました。

抱っこで移動しようとすると、腕の中で大暴れします。

「おろせーっ、歩くんだーっ!!」という感じです。

 

ママ友には、「お兄ちゃんもオレ様キャラだけど、hiroちゃんもだよね。むくちゃん大変だわ〜(笑)」と言われました。

 

 

ええ。

本当に。

俺様が二人もいると、母は大変です・・・・・。

負けないようにと、日々強くなっている気がします。

さて。

どこまで強くなれる、私っ!?

 

------------------------------------------------

 

■アニメも良いけどやっぱり文字が好き・・・

 

『舟を編む』を、読みました。

平行して、アニメも見ています。

映像はわかりやすい面もありますが、原作が「文字」となると。

やはりそちらで読んだ方が、面白さは倍増します。

特に、キャラクター達の細かい心情の葛藤とか。

行動に至るまでの色々とか。

目線一つとっても細かく描写されています。

映像でそこまで想像できるかというと…難しいものがあると思います。

 

ストーリーに、それほど大きなクライマックスはなかったように感じます。

あったとしても、淡々と受け入れられるような雰囲気でした。

読み終わった後にドキドキとか興奮とか、そういったものは私には感じられなかったのですが。

それでも、「ああ、面白かった」と思える内容でした。

同時に。

本棚で埃を被っている辞書達が、とても愛おしく感じられました。

一冊あれば十分…ですが、あえて「改訂版」が出たら買ってパラパラ捲って見るのも良いかもしれないと思いました。

その時その時の時代に合った、生きた言葉達に出会えるからです。

 

本屋に行ったら辞書コーナーで立ち読みしてみようと思いました。

 

-----------------------------------------------

 

明日ものんびりします。

| 夢空むく | 育児・hiro(1歳) | - | - |

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
PROFILE
ARCHIVES
赤ちゃん何歳?
by e-育児
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS