スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.01.02 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

0歳9カ月14日/親子で風邪っぴき。

今日もお天気が良かったですね!
無駄に家中のアレコレを洗濯機に突っ込んで、洗いまくりました。
嗚呼なんて気持ち良いんだっ!!と思ったのも、つかの間でした。
ハッと気付くと、ハンガーの数が足りず、干す場所もなくなっていたのです(;一_一)
しょうがないので、家の柵を使い、洗濯バサミで挟んで干しました。

ご利用は計画的に、ですね。

-------------------------------------------------------------

■お茶が飲めないんじゃなくてね・・・




「飲ませる器」を変えれば飲んだのです(~_~;)


hiroの登園二日目くらいだったでしょうか。
担任の先生から、こう訊かれました。


先生「hiro君は、お家でマグ(ストロータイプ)を使ってお茶を飲みますか?」


正直。
ギクッとしました(;一_一)
スミマセン。
家では数回吸った程度で、あとは全く飲みませんでした。
それでも。
園へ持って行って使えば、周囲の子達に感化されて、飲めるようになるかな〜なんて、淡い期待を抱いたのです。
…というような事を正直に話すと、先生から思いがけない言葉が返ってきました。


先生「コップで飲めそうなので、持って来て下さい」




コップ?




一瞬。
『コップ』ってなんだっけ?と、首を傾げそうになりました。
そして、ハッと『コップ』の輪郭が掴めた途端。


むく「えっ、コップで飲むんですか?」


と、思った事をそのまま口から出してしまいました(笑)

お兄ちゃんが今くらいの月齢の頃は、マグのストローで飲んでいました。
コップの練習を始めたのは、もう少し大きくなってからだったと思います。
それも、お風呂の中で練習をしました。
床と洋服がビチャビチャになるのが嫌だったからです(親の都合ですみません)

さて。
家に帰宅して、コップを口に持っていってみました。
すると。
小さな口を更にすぼめてコップの端につけ、スーッスーッと吸おうとする音が聞こえました。
それに合わせてお茶を傾けてみると、少量ではありますが、ズズズッと音をたてて飲んだのです!


お兄ちゃん「hiro〜、それじゃぁ抹茶の飲み方だよ〜(笑)」


横で興味津津に見守っていたお兄ちゃんが笑いました。
おっきぃばぁば(私の祖母)から(気が向いた時だけ)茶道を教えてもらっているので、そんな感想が口から出たようです。
私は私で、衝撃的でした。
今日この瞬間まで、hiroはお茶があまり好きではないのだ、と思っていたからです。
だけどそうではなく、マグがあまり好きではなかった、が正解だったのです。

そんな赤ちゃんもいるのだな、と勉強になりました。
「うちの子もお茶を飲まないの」と困っているお母さん。
もしかしたら「味」ではなく「器」なのかもしれませんよ(^v^)
良かったらお試しあれ〜。

----------------------------------------------

■「お母さん、手皿はダメなんだよ」・・・

先日の夕食の出来事でした。
hiroを食べさせながら、私も食べていました。
その際、何気なくhiroの口へお味噌汁から取り分けたお豆腐を持っていく際に、手を添えたところ。
ズバッとお兄ちゃんから指摘を受けたのです。

さっきのコップ話同様。
手皿ってなんだっけ?と、一瞬きょとんとしてしまいました。
とりあえず、「ああ、ごめんね」と謝った後に、横からパパが説明を加えてくれました。

(家でお椀の蓋を使う事は殆どないと思いますが)外食等をすると、お椀に蓋がついていますよね。
それを食べる際に下に添えるのは、マナーとしてOKです。
しかし、それが「手」となると、間違った作法になります。
基本は、器を持って食べましょう、ということです。

↑コレについては、小さい頃に祖母から教わりました。
同時に、蓋がない時などは手を添えなさいと言われました。
時代と共に作法も変わりつつあるのかもしれませんね(~_~;)

さて。
何故、お兄ちゃんがそんな事を知っていたのかというと。

テーブルマナーの絵本 [ 高野紀子(絵本) ]
価格:1728円(税込、送料無料)


↑これは、私の妹が、お兄ちゃんへの入学祝に贈ってくれました。
以前から興味のあった絵本なので、お兄ちゃんよりも私が喜んでしまいました(笑)
可愛いイラストで、とてもわかりやすくマナーについて書かれています。
ただ、漢字が多い事と、ルビは言葉の初回にしふられていません。(2回目からはついていないのです)
そのため、「これ何て読むの?」と毎回訊かれます…(;一_一)
いや、いいんですよ。
答えてあげるのも親の役目ですからね!
そうやってトーマスキャラクターも覚えたのですから(笑)

親子で勉強になる一冊でした〜♪

-----------------------------------------------

■親子で風邪っぴき・・・

初出勤&登園の翌日頃から。
私は私で鼻と喉に違和感を覚え、hiroはhiroでうっすらと鼻水を垂らすようになりました。
季節の変わり目だし。
気温差は激しいし。
それでも、しっかり食べてしっかり寝れば回復するだろう…と軽い気持ちでいました。
しかし。
良くなる気配がありません(;一_一)

私は喉が痛くてしょうがありません。
こんなに痛くなったのはいつぶりだろうというくらいです。
なんせ、ご飯が喉を通らないのですから…(それでも食べるしかないので、お茶でながしつつ食べました)
hiroは、顔中に鼻水を塗りたくる状態です。

これは可哀想なので、担任の先生にティッシュを渡して拭いてもらうようにお願いしました。

お兄ちゃんの時は〜と言って比べてもしょうがないのですが、言わせて下さい。
一時保育で預ける事はありましたが、それでも風邪をもらってくるような事はありませんでした。
やっぱり。


栄養の違いなのかな・・・・・。


と、しみじみと思いました(;一_一)
幸いにも、お兄ちゃんは食べる事に興味のある子だったので、基本的に好き嫌いはなく食べていました。
(現在は徐々に好みが出てきました)
たくさん食べて。
たくさん動いて。
たくさん寝て。
ある意味、絵に描いたような健康児だと思います(現在進行形)
それに対してhiroは、最近ようやく食欲が増してきたものの、気分にムラがあるのか。
食べない時は食べません。
ミルクが主食だと言わんばかりに飲みます。
まぁ。
風邪をひいて、免疫がついてくれればいいなと思う事にしました。


ええ、勿論、私もです・・・・・(>_<)


お仕事上、いちいち風邪をひいている場合ではありませんっ。
免疫力と体力勝負で頑張ります!!

-----------------------------------------------

■今日もせっせと図書館へ・・・

ほぼ毎週末行っているため。
司書の方と顔見知りになりました。
とても感じの良い女性で、私は好きです。
そうかと思うと、表情の乏しい方もいらっしゃって、ギャップが激しいです。
出来れば窓口業務をされる方には、笑顔を振りまいてほしいなと思います(・・;)
例え気持ちがハッピーでなくとも、「笑顔」もしくは口角をあげるだけでも、脳からは幸せホルモンが出るそうです。
その事を本で知りました。

脳を活かす子育て術 [ 茂木健一郎 ]
価格:1188円(税込、送料無料)


脳って、知れば知るほど面白いところだなと思いました。
今度は茂木先生の本を何冊か借りてこようと思います!

------------------------------------------------

明日はお兄ちゃんのフットサルの練習日です。
暑くなりそうですね。

スポンサーサイト

  • 2020.01.02 Thursday
  • -
  • 23:59
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
赤ちゃん何歳?
by e-育児
**selected entries**
**categories**
**archives**

**search this site.**

**profile**
**others** **mobile**
qrcode
**powered**
無料ブログ作成サービス JUGEM
**PR**