スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.01.02 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

妊娠38週0日目:出産予定日まであと14日/鼻水で季節の変わり目を知る。

JUGEMテーマ:妊娠中のできごと


今日の天気:曇り→雨 

雨降りで肌寒いですね…。

靴下大活躍です☆
スリッパもそろそろあったか系を履いた方が良いですかねぇ。
去年の暮くらいに、義母から可愛らしい動物のあったかスリッパをいただきました。
明日は晴れるので、一度リセッシュ→日向に置いて干してあげようと思います。
今履いているのも…一緒に並べておこうかなぁ。
健康スリッパだったのですが、安かったせいか、ボコボコが年を追う毎に…履く度に潰れている気がします(笑)


今日は友人の結婚式です。
雨降りで残念です。
まぁ…自身が雨男だし、承知していたことだとは思いますけどね(苦笑)

落ち着いたら一度会いたいものです。


------------------------------------------------


早朝ウォーキング

今朝も行ってきました

5時5分前に目が覚めました。
お天気が悪いので、余計に暗く見えました。
一瞬、もう雨が降っているかも…と思って起きる事を躊躇いました。
しかし、夕方のお散歩はおそらく行けないでしょう。
その時になって、

「やっぱり朝に行っておけば良かった…

と凹むのも嫌なので、起きました。
なるべく早く支度を済ませて、4:40頃、家を出ました。
勿論、旦那はぐっすりと眠っています

土曜日の早朝です。

勿論、行き交う車は少ないです。
しかし、涼しくなったせいか。
大分ウォーキングをしている人を見かけるようになりました。
犬の散歩の人も、然りです。

以前のブログにも書きましたが、私のような妊婦さんは1人も見かけません。
この辺りはいらっしゃらないのでしょうね。
もしくは、もっと裏道…それこそ人通りが少ない道を選んで歩いていらっしゃるのかもしれません。
私はそういった道を知らないし、早朝なので人気が少ないです。
被害妄想かもしれませんが、万が一…万が一にでも変質者に襲われたら怖いじゃないですか
なので基本的に大通り沿いを…なるべく人や車が通る道を選んで歩いています。

朝の空気は本当に澄んでいるのですね。

長袖の上着を着ていても、少し肌寒かったです。
ああもう「秋」なんだなぁ、と実感しました。

この間まで、あんなに汗をダラダラとたらして、麦茶をガバガバ飲んでいたのに。
少しでも体を冷やそうと、保冷剤をタオルに包んで、それを首に巻いていたのに。
お昼寝をしていても、夜寝ていても…汗がシーツにしみ込んでいるのは確実だからって、お洗濯をしていたのに。

そういったことが、パッタリとなくなったのですよねぇ…

ついには薄手の毛布を被って寝るようになったし!

もう夏服を畳んで仕舞う季節ですね。
一応、9月に入った頃にその作業は終わらせておきました。
産後1ヵ月は義実家で過ごすし、こっちへ戻ってきてからやるのも面倒になると思ったからです。
元々秋〜冬服は夏服程は持っていません。
更に今年は着れる服が限られてくると思います(←授乳の都合で)。
なので、すぐに着れそうな服だけを箪笥に用意しました。

帰宅後、2階へ上がってみると、旦那が大判のタオルケットをくしゃくしゃに丸めて寝転がっていました。

寒くないのかなぁ…と思い、掛け直してあげました。
↑夏にはよく見られた光景です。
時々お手洗いへ起きるので、その際にお腹へかけてあげていました。
更には、寂しいのか抱き心地が良いのか。
よく、ぬいぐるみのトロを抱き枕にして寝ています。

*旦那は少し寝相が悪いです。
妊娠してからは私のベッドへ転がってこないよう、”防止対策”として、真ん中に体長60〜70冂度のぬいぐるみを置いています*

ああまた枕にされてるよ・・・可哀想に・・・と苦笑しながら眺めていると、パチリと旦那が目を覚ましました。
「まだ早いよ〜寝てな〜」と声をかけると、お布団を掛け直し、また寝ました

時刻は6時5分頃でした。


------------------------------------------------


鼻水がズルズル

季節の変わり目or少し肌寒いなぁと思った時に起こる現象です。

昔からソレは変わりません。
仕事のある日は、それはそれは大変です。
なので予め薬を飲んで臨みます。
それでも効果がない時は、機会を見つけて鼻をかんでいました
しかしランチタイム等の多忙を極める時は、そんなことをやっている余裕がありません。
鼻水をズルズルしながらオーダーを取ったり料理を運んだりレジ打ちをしたりしていました。
これほどツライことはありませんよ
何度も鼻水が落ちそうになるし…

妊娠中の今は、勿論薬の服用はできません。
なのでひたすらひたすら鼻をかんでいます。
おそらく、ティュシュ箱を確実に1箱は消耗するでしょう…。
鼻の下が真っ赤にならないよう、注意です

因みに実母は、私よりももっと酷いです。

なのでこれも遺伝なのでしょうね。
私が母より酷くないのは、恐らく途中で体質改善されたのではないかと思っています。
いつの頃からか、花粉症すらなくなりました。
今春は少し悩まされましたが、すぐに終わりました。
しかし花粉症は完治しないらしいので、またいつぶり返すのやら…

お化粧をしなければいけない女性にとっては、本当に本当にツライ症状ですよね。

夏の汗でメイクが崩れたり、冬の乾燥で化粧ノリが悪くなるのと同様なくらい、深刻な問題ではないでしょうか。
そういった点ではいつも、男性は気楽でいいなぁ〜と羨ましく思います

冬の保湿と美白…がんばりましょ〜!!!


------------------------------------------------


通信販売で注文した商品

9時過ぎ頃に届きました!!!090912_0945~01.jpg
こんな感じのチュニックです→
思っていたより少し薄い生地なのが気になりますが…。
まぁ、透けるようなことはないと思うので、大丈夫でしょう!!
授乳用の服には見えませんよね(笑)

30代になっても着れるかなぁ…。


自慢とかそういう話ではないのですが。

私はよく実年齢より若く…というか、幼く見られます。
2〜3個年下の大学生にも、

「(自分よりも)年下だと思った!!」

と驚かれたことがあります

おそらく、普通に会社勤めをしていれば、それなりの雰囲気…「OLさん」ちっくな容姿になれたのかもしれませんが、大学を卒業後、ずっとフリーターでした。
一時期契約社員にもなったのですが、周囲の人達や仕事内容が合わず、辞めました。
事務仕事は自分には合わないと気付いたのは、この時でした。

それから心機一転で飲食店でのアルバイトを始めました。
一日を座って過ごすよりも動きまわった方が、うんとラクだし時間が早く過ぎました。
「ああこっちの方が楽しいな♪」
ということを知ってからは、ずっと飲食店でアルバイトをしてきました。
そして気付けばいつの間にか教えられる立場から、新人を指導する立場になっていました。

しかし人に教えるのって難しいですね
その度に、私にはこういうことって不向きなんだなぁ…と反省していました。


話を戻して・・・。


実際、今私は他人から見たら何歳くらいに見られるのでしょう?
ちょっぴり気になる、今日この頃です。
というのも、本当に綺麗で若いママって増えていますよね。
出産してもほっそりとした体型でいる方を見ると、

「ああ産後に頑張ったんだな〜

と感心させられます。
子供は時として、親の容姿をとても気にしたりしますよね。
それが男の子なら尚更だと、聞きました。
なので、「●●君のママ綺麗ね〜」と言われるようになりたいです(笑)

女の意地ってやつですかねぇ・・・あはは・・・


------------------------------------------------


シドニィ・シェルダン『空が落ちる(上下巻)』

昨夜、読み終えました!!

正直なところ、上巻を読んでいる時点では大して事件の謎は動かず、とにかく謎・謎・謎…ばかりがあげられました。
なので、少々うんざりとした気分になっていました
もしかしたらこの人の書く内容は、上巻はつまらないのではないかとさえ、思えます。
そして下巻の中盤辺りから、ようやく動き出す…といった感じです。

今回のこれも、「空が落ちる」という英語の意味を知っていれば、おそらくもっと楽しめたのでしょう。
しかし残念ながら精通していないので、どういった意味が隠れているのか、サッパリ分かりません。
義姉にでも訊いてみようかな…(彼女は留学経験があり、ペラペラに喋れます)。

今は、『よく見る夢(上巻)』を読み始めました。
これも『女医』同様、どうやら3人の女性を主軸に描かれるようです。
それはよいのですが…。
私はどうしても個人的に(いまのところ)生理的に受け付けないキャラクターが1人います。
何にでも固執…執着するという、気持ち悪ぅ〜い感じの男です
この人が登場して喋るたびに、眉間に皺が寄ってしまいます。
言い寄られている女性が心底可哀想でしょうがありません。
一発ひっぱたいてしまえばいいのに…と思います。


------------------------------------------------


義両親の訪問

食材をたくさん持ってきてくれましたーっ!!!

特に野菜がたくさんあって、嬉しいです。
もう私が臨月でお買い物へ行けないデショ…と心配して、届けてくれたようです。
実際は、週1回のお買い物で十分足りているのですが…でもでも、嬉しいです!!!
ものすっごく助かります!!!

特にトマト

ちょうど野菜が高騰し始めたアタリから、¥100値上がりしていました。
そして小ぶりなものよりも大き目なものが詰められるようになりました。
私的には小ぶりでたくさん入っている物を好んで買っていました。
いや、だからってプチトマトの方が良いというわけではないのです。
勿論、プチトマトも好きですけどね☆
おやつ感覚でパクパク食べれるので…そう、逆に食べ過ぎちゃうのです

そして今も…おやつ感覚で口に入れています(笑)

義両親が持ってきてくれた中にプチトマト2種類(黄&赤)があったのです。
普通のスーパーよりもJAで購入する方が、野菜ってお買い得ですよね。
流行りの不揃いで安い物が並んでいます。
近所にもあるのですが、どうもそこのはあまり安くなくて、最近は覗いていません。
今度、義両親がよく行くお店を教えてもらおうと思います。

やっぱり野菜は美味しいですからね

野菜の他にも、「(野菜を)たっぷりとお肉も入れて食べられるデショ」ということで、シチュールウ1箱がありました。
レンジでチンするだけの、ナゲット。
カルシウムを取ってねということで、干物としらす。
甘い物も時々は…ということで、大福。

等々、スーパーのビニール袋にたっぷりと届けてくれました。
お茶も飲まずに早々に帰っていってしまったのが、少々残念です。
ゆっくりしていってもらって、全然いいのに…
体調を気遣って…でしょうかね。


本当に義両親には良くしてもらっています

世間一般でいうような「嫁」と「姑」のような…なんていうんでしょう、気まずい感じもなく、過ごしています。
もしかしたらそれはお互いが別々に暮らしているから成り立つのかもしれません。
しかし義母自身もどちらかの両親と同居生活をしていたわけではないので、「嫁」というよりは「友人」感覚のようだと、以前言っていました。
その方がお互い気楽でしょ、とも。

本当にあっけらかんとした、そしてとても明るい女性です。

義父は一見着難しいように見えます。
私も二人っきりにされてしまうと何を話したらよいのか心底悩みます。
少々まで慣れない部分もありますが、やはり旦那の父親です。
時折見せる表情や背中が似ていて、温かみを感じます。

ジュニアが生まれたら、たくさんたくさんかまってもらおうと思います(笑)
たくさんたくさん、いろんな所へ連れて行ってもらえたらなぁとも、思っています。
勿論、同い年であるいとこのゆうたちゃんも一緒に。


-------------------------------------------------


今日のジュニア【体重54.5圈浸曲20分】

これといった変化は、何もありません
寝ている時になんとなくお腹が痛いなぁ…とぼんやり思いましたが、その後ぐっすり眠れているので、気のせいだったのでしょう。
おりものの量も増えたわけではないし、出血も勿論ありません。
そうして迎えた38週目。
あと14日で予定日です。
うーん…本当に産まれるのだろうか…。
というか、「産む」想像をしなければいけませんよね。
そっちに気持ちを持っていかなきゃ、出てくるもんも出てきませんよね…多分

「いつでもいいから出ておいで〜」

と、毎日呼びかけています(笑)
聞こえているかなっ!?


-------------------------------------------------


今日の献立

≪朝≫
・白湯1杯 ・ホットミルク1杯 ・トースト1枚(+巨峰ジャム) ・バナナ1本 ・梨1/2個 ・コラーゲンゼリー1袋 

≪昼≫
・野菜サンドイッチ3切れ ・プルーン1個 ・プレーンヨーグルト100g ・プチトマト

≪夜≫
・オムライス(ケチャップご飯) ・野菜スープ ・煮物

≪おやつ≫
・ホットカフェオレ1杯 ・アーモンドフィッシュ1袋 ・ハーベスト1袋 ・レーズンクッキー3枚 ・おせんべい1枚






ランキングに参加しています。良かったら投票をお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログへにほんブログ村 マタニティーブログ 初産へブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

  • 2020.01.02 Thursday
  • -
  • 11:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
赤ちゃん何歳?
by e-育児
**selected entries**
**categories**
**archives**

**search this site.**

**profile**
**others** **mobile**
qrcode
**powered**
無料ブログ作成サービス JUGEM
**PR**